【女子旅】バルセロナ・アンダルシアの観光名所モデルコースを巡った旅行記

長年の友達と、念願の海外旅行に出かけました。

福岡空港から、大韓航空で仁川経由でスペインに行くツアーに、あと数名で定員というところ、ぎりぎりセーフで滑り込み、スペイン旅行に出かけました。バルセロナやマドリードなどに行く周遊型のツアーで6泊8日で行きました!

iboさんの旅行記 旅行詳細
旅行人数 2人 女子
時期 年末~新年(カウントダウン)
滞在期間 6泊8日

1日目 バルセロナ

サグラダ・ファミリアを見学

バルセロナは危ない街と言われ、自由行動で女性二人であちこち行くのは危険があるらしく、タクシーでの移動を勧められましたが、楽しむことができました。

特に、ベタですけれど、サクラダ・ファミリアは忘れられません。

何度か写真やテレビ番組で見たことはありますが、実物の壮大さは素晴らしいです。

今世紀には完成するらしいですけれど、彫刻の一部は日本人が彫っているらしく、東洋人の顔?をした彫刻もありました。

写真を撮るなら、少し離れたところからでないと、全体像は入りません。

夜もライトアップしていて、それもまた美しいです。

サグラダ・ファミリア教会
アクセス

Carrer de Mallorca, 40108013 Barcelona, Spain

所要時間 2時間~3時間
詳細はこちら https://www.tripadvisor.jp
バルセロ・サンツ・ホテルに宿泊

バスを主に使ったツアーで宿泊をしたので、メリットはほとんどなかったのですが、バルセロナ サンツ駅の上に、直結したところに立っているホテルで、その点では便利だと思います。

しかし、バルセロナの街は女性二人で地下鉄に乗ることはお勧めしない、と言われたため、結局どこにいくのもタクシーを利用したので、その便利の良さを感じることはありませんでした。

タクシー利用で移動しても、郊外のホテルではない点では安く移動ができ、よいといえばよかったです。

ホテルの詳細はこちら

2日目 バルセロナの世界遺産巡り

このほか、バルセロナの街には多くの世界遺産があります。

そのすべてを回ろうと思うと、数日が必要と思います。芸術好きな人は、今回の私たちのツアーのような、周遊型ではなく、バルセロナ滞在型で4泊6日くらいで行くと満喫できると思います。

今回は1日で主要の世界遺産を回ったので、じっくりと観光はできませんでしたが、かなり楽しめました!

7:30 グエル公園を散策

fodors.comより引用

かなり広い公園でガウディの作品がそこら中にあり、ベンチなどは実際に使われています。公園の中に入ると、まるで不思議の国のアリスの世界にいるような感覚になります。

事前インターネットで時間指定をしてチケットを購入するのですが、7時頃に朝の散歩で通りかかった時、時間指定中央のゲートはまだ空いていなかったのですが、左側の入り口が空いていて入場する事ができました。すいているグエル公園を楽しめました。

朝早くに行くと、写真を撮る時は逆行になってしまうので注意が必要です。

所要時間 1時間

入場料金 7.5ユーロ(ネット予約の場合)

アクセス Carrer d’Olot

10:00 クラシア通りを散策

グランシア通りは高級ブランド店が並ぶストリートで日本の銀座のような通りです。

クラシア通りには有名な建築もあるので、ウィンドウショッピングを楽しみながら、世界遺産の建築も外壁だけ見ました。

クラシア通り沿いにある カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)を外だけ見学

getyourguide.jpより引用

ガウディが作った住居用の建物です。クラシア通り沿いにあるので、クラシア通りを散策している途中に立ち寄りました。

外観から見ても、とても個性的で中も不思議なデザインの建物です。オーディオガイドは日本語もあるそうです。

所要時間(中を見学するなら) 1時間

入場料金 25ユーロ

アクセス Passeig de Gracia

カサ・バトリョを見学

reddit.comより引用

ここもグラシア通り沿いにある有名なガウディ建築です。中には入らなかったのですが、特徴的な曲線と光との組み合わせが絶妙で外から見てるだけでも圧倒されました。

所要時間(中を見学するなら) 1時間30分

料金 29ユーロ

アクセス Passeig de Gràcia, 43, 08007 Barcelona

カタルーニャ音楽堂

メインの通りから細い道に入った所にあり、ちょっと分かりにくかったです。

ガウディのライバルであるリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーの作品で内部は万華鏡みたいで天窓がきれいでした。

ガイドツアーが30分ごとにあったので英語のツアーに参加しました。日本語のツアーはなかったです。

所要時間 1時間

入場料金 20ユーロ

地図はこちら C/ Palau de la Música, 4-6, 08003 Barcelona,

13:30 ラブランス通りのボケリア市場でランチ!

ラブランス通りにあるボケリア市場でジュースやフルーツ、シーフード、生ハム等、とにかくいろんなものを買い食いしました!

試食もたくさんくれるので、おなかいっぱいになりました!

ラブランス通りから入ってすぐのお店より、奥のお店の方が値段も安く味もよいと聞いたのですが、実際はどうだったのかよくわかりませんでした。

とにかく活気があって、賑わっていて楽しかったです。

バルセロナの海を楽しむ

また、当たり前といえば、当たり前かもしれませんが、海も近いです。

冬でしたので、当然泳ぐわけではありませんけれど、都市部のわりに、海はきれいでした。

海から登ってくる朝日はまた美しかったです。ホテルを選ぶとき、そういったことも考えて選ぶとよいかもしれません。今回は、そういうホテルではありませんでしたが。

3日目 モンセラットを見学

バルセロナ近郊に、モンセラットという山があり、その山の上には、願いをかなえてくれるという黒のマリア様がいらっしゃいます。

クリスチャンではありませんが、行列に並んでお願い事をさせてもらいました。

そのマリア様に会いに行く、というのもよいですけれど、そうではなくても、この山に上がるというのは大変良い経験になります。

ただ、とても混雑するらしく、日によっては山に登る道は渋滞をするそうですが、私たちはラッキーでした。

晴れた冬の日は、遠くにフランス国境が見えます。スペインに来たのに、フランスが見えて、なんだか少し感動しました。

今回はツアーだったのバスで連れてってもらったのですが、個人でいく時は、スペイン広場からカタルーニャ鉄道に乗って、1時間程で到着するMostserrat Aeri駅で下車し、ロープウェイに乗っていきます。

4日目~6日目 アンダルシアを観光

ツアーですから、ここから先はいろいろと移動をしながら、観光をしました。中でも印象に残っているのは、アルハンブラ宮殿です。

素晴らしい宮殿でした。夜はライトアップされ、それもまた美しい。

じっくりと見ると半日以上はかかるのを、ツアーですから駆け足での観光となり、その点は残念でした。この日の夜、反対側の丘で行われているフラメンコを見に行ったので、ちょうどライトアップされている宮殿もみることができ、感激しました。

ミハスの白い街を観光

tuktukspain.esより引用

ミハスの白い街もとてもよかったです。ミハスの街で、日本のガイドブックに載っている、という有名な(?)おじさんから、ナッツを買いました。

おじさんから逆に、おじさんの掲載されているガイドブックを見せてもらい、なんだか笑えました。

ミハスに行ったら、ちょっとがんばって、小高い山の上にある教会(ラペーニャ礼拝堂)に上ってみてください。

ラペーニャ礼拝堂辞退は小さいもので、しかも、しまっているので、中に入ることはできません。ですが、そこから見える景色は絶景です。

地中海の美しい海と、白い建物のコントラストは息をのむ美しさです。

かなり駆け足のツアーだったのですがすごく楽しめました!

スペインで年越し!

旅行の途中、スペインで年越しをすることになりました。陽気な民族ですから、あちこちでお祭り騒ぎをしているようです。

残念ながら、私たちはそのとき、地方都市の、しかも、郊外のホテルに宿泊したので、街中のカウントダウンには参加できませんでした。

ホテルのなかでも、そういったイベントはしているようでしたので、それに参加してもよいのですが、ちょっと疲れていて、部屋で過ごすことにしたところ、添乗員さんがぶどうをもってきてくださいました。

これって何?と思っていると、スペインの習慣として、カウントダウンに合わせて、ブドウを12粒食べるのが年越し流儀だとのこと。

なんとか頑張って、年越しの時間まで起きていて、テレビでやっていたカウントダウンを眺めながら、今年もよいことがありますように、と願いをかけてブドウをいただきました。

これまでも海外で年越しをしたことはありますが、これもとてもよい思い出になりました。

次に、二人で海外旅行に行くのは、しばらくお預けになりそうですけれど、そんなときがくるのを楽しみにして、仕事頑張りたいと思います。

現地の人について感想

私は行きませんでしたが、ツアーでご一緒した若い人たちは、夜、クラブにいき、夜通し遊んでいましたけど、現地の人に溶け込んで、仲良くすることができたそうです。

ただ、どこに行くにしろ、これはスペインに限ったことはないのでしょうけど、観光地には多くのスリがいる点では安心できません。

ガイドさんが、ツアー集団のなかに、何気なく入り、通り抜けようとしている、一見高校生くらいに見える女性二人組のことを、この人たちはスリだから気を付けて、といわれていました。

そういったことには注意をしないといけないかと思います。

 現地の料理について感想

日本人の口に合う多くの美味しい料理があります。なかでも、本場のパエリアは絶品でした。

大きなフライパン?鉄板?のようなものに、全面的にシーフードが並べてあり、見た目も豪華、おいしかったです。そのほか、全般的に、日本人の口に合う料理が多かったです。

治安がかなり悪い

先にも記載しましたが、治安の面では注意が必要です。テロなどの危険もあるでしょうけれど、そういった点だけではなく、置き引きやすりといった、ちょっとした犯罪も多くあるようです。

気を抜かず、行動をするべきです。また、実際に利用していないのでわかりませんが、地下鉄等を利用するとき、特に女性だけでの利用は注意が必要とのことです。

そうはいっても、全般的に明るい雰囲気の方々が多いので、必要な注意はしても、あまり緊張しすぎて楽しめないというのはどうかと思いますので、適度の緊張感をもって、でも、現地での観光を楽しんでいただきたいと思います。

2 件のコメント

  • iboさん、こんにちは、

    バルセロナ在住のティエリーです。
    私は、カタルーニャの観光ガイドで、インターネットで観光ブログ等をよく探します。

    iboさんの観光ブログ(特にバルセロナ・ブログ)を楽しく読みました。

    バルセロナは、印象が残る観光都市ですね!
    良い思い出になれて、私も嬉しく思います。

    おっしゃったとおるに、バルセロナは見どころが多くて、4泊6日くらいが良いです。
    また、機会がありましたら、是非、カタルーニャに遊びに来て下さい!

    それでは、ブログ更新を楽しみにしています。

    • ティエリーさん

      コメントありがとうございます。
      みんなの旅ブロ編集部です。

      バルセロナとアンダルシアのブログを読んで頂きありがとうございます!
      バルセロナは世界遺産がたくさんあり、素敵な街ですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA