ドブロブニクinクロアチア旅行記ブログ!魔女の宅急便の街を観光

夏のヨーロッパを堪能するために、今回はクロアチアのドブロブニクへ行ってきました。

ジブリ映画「紅の豚」や「魔女の宅急便」のモデルとして有名なクロアチアのドブロブニク。

しかしわざわざクロアチアに行く人はあまり聞きません。なかなかレアかもしれませんね。

日本から直行便は出ていないので、今回はルフトハンザ航空を利用してフランクフルト経由で行ってきました。

サービスもまずまず、映画の品揃えも良かったですし機内食もおいしかったです。

 

日本を午前10時ごろに出発、ドブロブニクに着いたのは現地時間の夜8時ごろ。

ドブロブニクの空港はこじんまりとした小さめの空港で、迷うことはありませんでした。

手続きを終え空港から出る頃には辺りはすでに真っ暗。

ドブロブニクの中心である旧市街から徒歩10分ほどのホテルを予約していたので、バスに乗って旧市街へ向かい、その日はホテルで寝るだけでした。

2日目の朝、天気は快晴。夏ということもあり気温は30度超え。

日本より湿気がない分いいかもしれませんが、カラッとしていてもやはり暑い!!日差しもかなり強いです。

暑くて猫ちゃんたちも日陰でぐったり…

ドブロブニクには猫がたくさんいました。野良猫なのか?

ただしどの猫もこの日はさすがに日陰でぐったり…

ドブロブニク 魔女の宅急便の舞台を観光!

朝からホテルを出発し、徒歩で世界遺産である旧市街の入り口に到着。

このドブロブニクの旧市街は城壁に囲まれています。

昔の雰囲気も残っていて歴史が感じられ、さすが世界遺産になるほどです。

城壁の入り口付近のパン屋さんで朝食を購入してささっと食べ、まずは城壁の上を散歩。

チケットを購入し階段をのぼっていくと…

ドブロブニク旧市街のシンボルであるオレンジ色の屋根が辺り一面に!絶景!!

城壁の上はぐるっと散歩できるようになっていて、だいたい1時間ほどかけて1周まわれます。

もちろん1周まわりきらなくても、途中で降りる場所もありましたよ。

途中ドリンク売り場やジェラート屋さんもあり、たくさんの人が休憩していました。

また城壁だけに、大砲が置かれている場所もありました。

階段も多く足場のよくないところもあり、しかも炎天下の中で汗だくになりながら散歩しました。

城壁の外側に目を向けると青い海。アドリア海の綺麗な海辺が見渡せます。

オレンジの屋根と対照的なのがまた良いですね。

城壁散歩の後は、昼食にハンバーガーを頬張りながら旧市街の中を散歩。

旧市街の中は中心に大通りがありそこから細い路地が何本もあるのですが、その路地には階段、階段、階段。

本当に階段だらけです。

階段には植物が置かれていたり、パラソルとテーブル、椅子を置いてレストランの外席になったりと雰囲気が良かったです。

また住んでいる人もいるようで、路地で上を見上げると洗濯物が干してある所も。

その洗濯物もまた良い感じに雰囲気を出してるんですよね。

レストランやパン屋、ジェラートのお店、洋服屋、お土産店などが通りに沿ってたくさん並んでいました。

旧市街の中は狭いので、半日あれば十分楽しめます。

この日の夜ご飯はグリルドトラウト。

グリルされた鱒ですが、これが絶品。

もちろんお肉料理もありましたが、海が近いだけあってシーフードが充実していました。

本当においしかったです。

そしてたまたまサマーフェスティバルをやっていたこともありこの日は花火もありました。

ただし日本と違って時間にあまりこだわらないのか、開始予定から30分ほどたってようやく花火が始まりました。

朝から活動して長い1日になりました。

次の日も快晴。前日と同じくらい猛暑でした。

この日の朝食は旧市街まで出てモーニング。

クレープとホットサンドとフルーツの盛り合わせを頼みました。

ドリンクにレモネードを頼みましたが、出てきたものは炭酸水にカットレモンにガムシロップ。

自分のお好みの濃さ・甘さでレモネードを作れということでしょうか。仕方なく自分で作りました。

朝食の後は有名なスルジ山へ。

ロープウェイの乗り場まで歩くこと約15分、少し並びましたが朝早めに行ったので比較的早く乗れました。

ロープウェイでのぼっていくと、有名なあの風景が!!

みなさんが知っているドブロブニクの風景はまさにこれではないでしょうか。

旧市街のオレンジの屋根と青い海のコントラストがなんとも言えません。

そして快晴であったことも、またひとつこの景色を絶景と言わせる要因の一つでしょう。

ジブリ好きにはたまりません。本当にジブリの世界に来たような感覚になりました。

本当に素晴らしい景色をこの目で見ることができて感動しました。

上からの景色を堪能した後は、旧市街の横からの景色を堪能するべく再び散歩へ。

旧市街の東の門を出て適当に少し離れたところまで歩くと、旧市街を横から見ることができるスポットへたどり着きました。

本当に適当にまっすぐ歩いて、少し高いところを目指して階段をのぼっていくだけで良いのです。

この角度から見る旧市街も、よく旅行本などで使われている風景ではないでしょうか。

旧市街の外にはアドリア海が広がっていて、すぐ近くにビーチがありたくさんの人が泳いでいました。

ドブロブニク旅はここでおしまい。

約1日半の滞在でしたが、十分すぎるくらい堪能できました。

ヴィラ ベニッチVilla Benicに宿泊

Zagrebačka 54, 20 000 ドゥブロヴニク, クロアチア

家族経営の民宿でした。1階部分に家族が住んでいて、同じ建物の2階を宿泊施設にされているようでした。部屋の広さも2人で宿泊するには問題なく、清潔にされていました。バスルームは部屋の隣に別室で用意されていました。バスタブもあり内装も可愛かったです。オーナー家族がとても親切で、娘さんが英語で宿泊施設の説明と、ドブロブニクのおすすめスポットやレストランを教えてくれましたし、お母さんと娘さんが、ドブロブニクを出る際に長距離バスのバス停まで車で送ってくれました。

ドブロブニクの現地の人について感想

とても優しい印象を持ちました。レストランやショップの店員さんもフレンドリーに話してくれましたし、何よりホテルのオーナー家族の優しさにはとても救われました。また英語を話せる人が多く、観光地のお店やホテルでは英語で全て通じました。

ドブロブニクの料理・食事の感想

食べたものは、朝食にパン屋さんで購入したパン、昼食にハンバーガー、夜ご飯はグリルされた鱒を食べました。翌日の朝食はレモネード、クレープ、ホットサンドとフルーツの盛り合わせを食べました。どれもとても美味しく、日本人の口に合うと感じました。特にグリルされた鱒は絶品でした。

ドブロブニク旅行をしていて気になった事・注意点

治安も良く料理も美味しく、本当に素晴らしい旅になると思います。

おすすめしたいのは、ぜひグリルドトラウトを食べて欲しいです。本当においしかったです。あとはロープウェイでスルジ山に行くなら、お天気の日を選ぶことが必須です。

友人で曇りの日に行った方がいたのですが、晴れと曇りでは景色が全く違います。曇りや雨だと霧がかって旧市街が綺麗に見えません。

階段が多い!スニーカーがおすすめ

注意することは、とにかく旧市街の中も外も階段がかなり多いので、女性は特にヒールのある靴はおすすめできません。本当に疲れます。

スニーカーかぺたんこ靴で行くことをおすすめします。

またキャリーケースを運ぶのもかなり苦労するので、可能であればバックパックの方が機動性は良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA