ニュージーランド テカポ湖

今回はニュージーランドでも星が綺麗に見えることで有名な、レイク・テカポ(テカポ湖)に行ってきました!

日本からニュージーランドの南島最大の人口を有するクライストチャーチへ飛行機で移動。

今回はキャセイパシフィック航空を利用しました。

機内食はまずまずおいしく、ハーゲンダッツのアイスクリームがついていました。

レイク・テカポへは、クライストチャーチから長距離バスに乗って約3時間半。

長距離バスは日本にいる間に予約しておきました。

クライストチャーチを午前8時前に出発して、レイク・テカポにはお昼前に到着。

天気はあいにくの雨のち曇り。

星空鑑賞が一番の目的なのに大丈夫かな…と不安な気持ちを抱きつつまずは昼食へ。

昼食は湖畔レストランでサーモン丼を堪能。

 

KOHAN Restaurant(湖畔レストラン)

住所:6 Rapuwai Lane, Lake Tekapo, New Zealand

営業時間:月〜土11:00〜14:00 18:00〜21:00、日11:00〜14:00

 

湖畔レストランは、長距離バス発着所のすぐ横にある日本食レストラン。

レイク・テカポにあるレストランの中でも有名みたいですね。

店内は食堂のような雰囲気で、長テーブルがたくさん置かれていました。

窓からはテカポ湖を見ることもできます。

この日は雨でいまいちでしたが、晴れていればとても綺麗な景色を見ながら食事ができそうです。

そして日本人の店員さんもたくさんいらっしゃって、日本語が通じました。

もちろん日本語メニューもありましたよ。

このレストランで特に有名なのがこのサーモン丼。

地元で採れたサーモンを使用されているようですが、これが肉厚で脂がのっていておいしい!!

そして贅沢にいくらまでのってます。

日本で食べるサーモン丼よりおいしいかもしれません。

しかもこのサーモン丼、下のご飯が酢飯なんです。

酢飯とサーモンといくらの組み合わせがなんとも言えません。

こちらはわかめうどん。

ちゃんと出汁がきいていて、日本で食べるものとほぼ変わりません。

とっても優しいお味でした。

丼物も他にもいくつか種類がありましたし、お寿司もありました。

お弁当もあるようです。

お寿司やお弁当は持ち帰りもできるようで、ホテルで食べたり次の街への移動にバスで食べたりもできそうですね。

お腹を満たした後はホテルへチェックイン。

長距離バス発着所から徒歩約10分のところにある、個人経営のホテルへ。

坂道をのぼっていかなければいけなかったので、荷物を運ぶのが少し大変でしたが無事到着。

ご夫婦で経営されているコテージのようなところで、部屋からは庭に出ることができました。

庭ではオーナーが飼われている犬と猫が走り回っていました。

日本ではあまり馴染みのない品種で、異国を感じさせてくれました。

荷物をおいて、また坂を下って有名な「善き羊飼いの教会」へ。

あいにくの天気で写真映えせず。

テカポ湖の近くにも行きましたが、灰色の空に灰色の水、かなり残念。

お天気が悪かったこともあり少し肌寒く、あまり周りを散歩する気にもなれず…

早々に近くのレストランで夕食をとりホテルに戻りました。

寝る前に空を見上げましたが、雲、雲、雲…

星空を見るために来たのに、雲の間に数個見える程度。

レイク・テカポにはマウント・ジョン天文台という天文台があり、お天気が良ければそこで行われているスターツアーズを申し込もうと思っていました。

日本人の方が催行されていて、日本語の解説を聞きながら夜空を眺めて南半球の星空について学べるというものです。

しかしあいにくの天気だったのでテンションもだだ下がり。

ツアーを申し込むのも諦め、残念な気持ちでいっぱいで寝ることに。

しかし、あきらめきれなかった私は夜中の3時に目覚まし時計をセットし、起きてみることを決意。

ほぼ期待はしていませんでしたが、アラームで夜中に起きてカーテンを開けてみると…

満天の星空!!天然のプラネタリウム!!

「うわーーーーー」

という声しか出ないほど、感動的な星空が見れました。

南半球でしか見れない南十字星も見ることができました。

天の川もとっても綺麗に見れて、空にはこんなにたくさんの星があるのかと驚くほど。

しかも写真をよく見ていただくと、実は流れ星が写っているのです!

1時間ほど夜空を眺めていましたが、流れ星は10回以上見ることができました。

11月の夜中、現地は春の終わり頃のはずが、かなり寒かったです。

毛布にくるまりながら星空を鑑賞していたほど…

しかし本当に来てよかったと思えた瞬間でした。

 

翌日は快晴。

ホテルのお庭からの眺めも最高。

遠くに見えるテカポ湖も青く輝いていて本当に綺麗。

この綺麗な湖を間近で見るのを楽しみに、朝食をいただきチェックアウトして、坂を下りてふたたび「善き羊飼いの教会」へ。

昨日の写真と比べてもわかるように、青い空をバックに見る教会はまるで絵画のようでした。

そしてテカポ湖へも降りてみると、青い空に青い湖。

湖に逆さに映る山々。

本当に絶景でした。

湖沿いの道を少し散歩することもできました。

どこを歩いても絵になる風景で、昨日の曇りの時の景色を知っているからこそ、今日の快晴の景色がさらに綺麗に思えました。

また湖の手前にはルピナスの花がたくさん咲いていて、青い湖と、ピンクや紫のルピナスの花との組み合わせもまた素敵。

滞在時間約24時間でしたが、一番の目的であった星空鑑賞もでき、大きな湖と綺麗な風景を見ることができ、異国の地に来たという気分を存分に味わうことができました。

Tekapo Heights(テカポヘイツ)に宿泊

部屋はとても清潔にされていて内装もとてもおしゃれでした。また部屋の窓から庭に出れましたが、お庭がとても広く、オーナーが飼っている犬と猫がいてとてもかわいかったです。ホテルが高台にあるので、お庭からの眺めが最高でした。テカポ湖も見えます。

 

テカポ現地の人について思った事感想

インフォメーションセンターの人も、ホテルのオーナーもとても優しく温かかったです。私のつたない英語でもしっかり聞き取ってくれ、聞き直しても嫌な顔せずもう一度答えてくれました。またレストランやカフェの店員さんも気さくにおしゃべりしてくれ、とてもフレンドリーだと感じました。

 

テカポ現地の料理

昼食に食べたサーモン丼は、脂ののったサーモンを使用していてとても美味しかったです。またいくらもたっぷり乗っていました。また夕食に食べたキノコスープ、ホットサンドもかなりボリューミーでおいしく、どちらも日本人好みの味付けになっていました。

 

テカポ旅行をしていて気になった事・注意点

治安はすごくよく、特に危なそうな場所や人もいなかったので安心して旅ができる町だと思いました。テカポは星が綺麗なので有名で、晴れた夜には満天の星空でとても綺麗ですが、夜は結構冷えます。

私は11月に旅行し、現地の季節は春の終わり頃でしたが、夜中星空を見るために外に出るととても寒く、持参していた春用のコートでは対応しきれないほどでした。

もし夜中の星空鑑賞を考えている方は、夜のための防寒も考えておくといいと思います。ちなみに私たちは、寝るときにかぶる用に用意されていた毛布にくるまって鑑賞しました。

 

テカポおすすめのお土産

マヌカハニー

ニュージーランド産のはちみつです。純度や品質によって値段も違い、また大きさもいろいろ揃っていて豊富な種類の中から選べます。

 

ポストカード

良き羊飼いの教会の写真やテカポ湖の写真、星空の写真のポストカードなどテカポの綺麗な風景のポストカードがたくさん置いてありました。

 

クッキータイムのクッキー

インフォメーションセンターの近くにあるスーパーに売ってありました。ニュージーランドで有名なクッキー屋さんのクッキーです。プレーンやチョコチップなど味や大きさもいろんな種類があってオススメです。

 

テカポおすすめのお土産店

Aotea Gifts(アオテアギフト)という、湖畔レストランのすぐ横にあるお土産屋さんです。

お菓子やはちみつなどの食品、ニット帽やセーターなどの衣類品、化粧水や石鹸、キーホルダー、ポストカード、ぬいぐるみなど、基本的なお土産の種類は全て揃っていました。

品揃えはかなりいと思います。また店員さんは日本人が多く、日本語が通じたのがオススメポイントです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA