台風直撃?グアム旅行記2017子連れ 買い物で楽しめた!

今年の10月下旬にグアムに行って来ました。

出発1週間前になって、季節外れの大型台風が発生し、出発日当日に関東地方に直撃の予報が出され、

正直、半分以上は諦めかけていました。しかも、出発前々日に娘が発熱。39度以上の熱で追い討ちをかけ、

「こんな状況だけど、とりあえず空港には向かおう」と、わずかな望みをかけて前泊予定のホテルへ宿泊しました。

 

いざ夜が明けてみると、風こそ凄いものの雨は止んでおり、少しずつですが晴れ間も見えてきたので、

諦めていた気持ちから「おっ!行けるか?」という希望に変わりつつある中でハンドルを握りました。

ただ、飛行機の受付をするまではどうなるかまだ分からないので、まず旅行会社のカウンターに行って、

チェックインの方法と、その他旅行全般に関する注意事項を聞きました。

その段階では「欠航です」とは言わず、「飛行機飛ぶんですか?」と確認すると、

「航空会社からはそのような連絡は来ていませんので、今のところは予定通りフライトするようです」とのこと。

段々と希望が膨らんできて、一目散にカウンターへチェックイン。念のため、もう一度確認すると、

「はい、予定通りフライト致します。おかげさまで本日は満席でございます」とうれしい一言。

やったぁ~!と大喜びの我々夫婦+子供たち。正直、この旅行のために1年間仕事を頑張ってきたと言っても過言ではありません。

グアム 旅行記 子連れ

行けると決まってホッと一安心。意気揚々と飛行機に乗り込み、グアムまでの3時間半を楽しみました。

 

到着してみるとさすがに暑い。そして、風が強く相変わらずのスコール。

嫌なニュースの続きを現地で耳にしました。私達の旅程が月曜日から金曜日までの4泊5日だったのですが、

そのうち前半は接近中の台風の影響で悪天候が続くとか。しかも3つも台風が発生しているので、

風が強いのはこれが大きく影響しているようでした。グアムを含むこの地域が台風の発生地らしく、

生まれたての台風なのでそこまで猛烈な天気にはならないが、それなりの天気にはなってしまうようでした。

実際、火曜日までは天気がものすごく不安定で、オプションで行ったビーチも、強風と曇天で海水浴どころではありませんでした。

しかし、水曜日からは風も止み、見事な晴天が広がって、南国特有の蒸し暑さが復活してきました。

グアム 旅行記 子連れ

日差しの強さはさすがに熱帯地域。容赦なくお日様が我々の肌を黒く焼き尽くしました。

息子はすっかり日焼け。私は元々仕事で日焼けして顔と腕が真っ黒だったので、あまり日焼けした感じはしませんでしたが。

グアム 旅行記 子連れ グアム 旅行記 子連れ

海水浴やプールで遊ぶことはもちろん、朝昼晩の食事やショッピングなど、やることは盛りだくさん!

この辺のプランはカミさんを中心に考えたのですが、女性のこの旅行に対する集中力といいますか、

考え方の気転の利き方がハンパじゃないところって、おそらく女性特有の能力なんでしょうね。

グアムで買い物!

グアム 旅行記 子連れ

買い物欲もそうですが、ウチのカミさんはこういう時に物凄い的確な指示を出すので、ある意味、行動が楽でした。

ちなみにグアム・プレミアム・アウトレットはカミさんの感想は「品揃えがイマイチ」

マイクロネシアモールは「品揃えが良かったのに変わってる!ダメになった!」だそうです。

もちろん、個人個人持たれる感想は違いますので、参考までに。

グアムの食事

グアム 旅行記 子連れ

食べるものに関してはほぼ何も不備に感じませんでした。

ハンバーガー、ホットドッグ、パンケーキ、ステーキ。アメリカのジャンクフードばかりでしたが、

子供たち(4歳の息子、当時0歳11ヶ月の娘)にはとても食べやすかったようで、息子はフライドポテトを、

娘はバンズのパンをモリモリ頬張っていました。アメリカのジュースもグビグビのみ、

グアム 旅行記 子連れ

私も便乗してバドワイザーをまるで水のように日々飲み続けました。たぶん、5日間で4リットルは飲んだと思います。

それだけ旅行の空気というのはいつもと違う雰囲気にさせてくれる、特別なものなんですよね。

チャモロビレッジ・ナイトマーケット

グアム 旅行記 子連れ

水曜日に開催される「チャモロビレッジ・ナイトマーケット」は、グアムの中でも有名なイベントで、

我々もこれに行くのが旅行の目的の一つだったのですが、このローカル感満載の雰囲気は、ちょっとした治安の悪さすら感じますが、

それでいても華やかなイベントで、2回目の訪問ですが子連れでも十分に楽しめるイベントでした。

人気の弁当屋には長い行列ができ、フルーツジュースのお店や民芸品の店など、繁華街のお土産屋ではきっと手に入らないような物がたくさん並んでいました。

カミさんが迷う、迷う。そんなに迷うなら買えばいいじゃん、バッグ。金いっぱい持ってきたんだろ?

グアム 旅行記 子連れ

しかし、翌日の「お土産まとめ買いデー」には、思いっきり散財していましたが。

 

日本からわずか3時間半で着いてしまうグアム。

近距離なのに、異国情緒が味わえてリフレッシュするにはもってこいの観光地だと思います。

いつになるか分かりませんが、きっと我々家族は再びグアムを訪れるでしょう。

それだけ、子連れでも楽しめて大人もエンジョイできる「楽園」ですから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA