自由の女神の行き方見どころ完全ガイド

自由の女神とは

アメリカ独立100周年の記念にフランスから贈られた女神の像です。20年かけて作られた像は銅板で作られていて全長46mの高さ、台座を含めると93mにもなります。

自由の女神への行き方

自由の女神はマンハッタンの南西にある「リバティ島」にあります。リバティ島に行くにはマンハッタンの南端にある「バッテリーパーク」からフェリーに乗っていきます。

スタチュークルーズは、リバティ島に上陸するだけのコースや自由の女神の王冠に登れるコースもあります。

チケットを購入する

バッテリーパーク内に「TICKETS」と書かれて窓口がありますので、そちらで当日券を購入する事ができます。事前予約をした方は「RE-PAID」の窓口でチケットを受け取ります。

チケットの予約方法は後で説明します。

フェリーに乗る

セキュリティーチェックの所で荷物のチェックをし乗船します。

乗船時間は15分

マンハッタンの摩天楼を背にリバティ島へ向けて出航します。島に着くまでに自由の女神の正面を通りますので、写真を撮る準備をしておきましょう。

SNS映えスポット!

進行方向の右側に座っておくと女神像が良く見えます!

リバティ島に到着

発着所からまっすぐに進むと右手に日本語のオーディオガイドの貸し出しブースがあります。

チケットの購入方法

チケットは事前に予約する事をおすすめします。インターネットで購入できます。

予約公式サイト⇒https://www.statuecruises.com/

英語でこのように表記されています。

日本語にするとこのように表示されます。

王冠の中に上るツアーは上から3番目の「CROWN RESERVE TICKET」です。

注意点!

リバティ島へフェリーで行く場合、事前予約が必要なので公式サイトで予約をして行かないといけません。上陸のみ、台座まで、王冠まで行けるものと3種類あるのですが、良く読んで最終チェックをしないと欲しいチケットとは違うものを購入してしまうので要注意です。

王冠まで行けるものは、数か月先まで予約で埋まっているので、早めに購入したほうがいいです。

当日券は予約で埋まっている場合取れないので気を付けてくださいね!

他にもこのような行き方もある!

無料フェリーから眺める

スタッテン島の住人がマンハッタンへいく時に使われる無料のフェリーに乗る方法もあります。すぐ近くはいきませんがお金をかけたくない人にはおすすめです。24時間運行しています。

 

ヘリコプターから眺める

自由の女神をヘリコプターから眺めるツアーもあります。$224(15分)と$309(20分)の2種類のツアーがあります。貸し切ることもできます!

ツアーに参加する

旅行会社が主催するツアーに参加する方法もあります。

自由の女神リバティ島での楽しみ方

マンハッタンを一望

リバティ島の発着所からまっすぐ行くとビュースポットがあります。ニューヨークの摩天楼を眺める事ができます。

SNS映えスポット!

なんといっても、女神像の正面からが一番の撮影スポットです!

台座にのぼる

台座の部分は2階で、博物館になっています。自由の女神の制作過程を知る事ができます。

SNS映えスポット!

台座部分のテラスからの眺めも絶景です。

お土産を買う

リバティ島にはお土産ショップが2か所あります。発着所近くのお土産屋さんの方が、品揃えが充実しています。

定番グッツをゲット!

自由の女神をモチーフにした定番グッツがそろっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA