ニューヨークセントラルパークの見所・楽しみ方完全ガイド

セントラルパークは都会の中の癒しの公園になります。自然がとてもきれいで、春夏秋冬とどれも絵になる風景を楽しめます。小川があったり、池にカメがたくさんいたり、また映画の撮影場所としても有名なので、どこを歩いても飽きないと思います。

セントラルパークの見どころスポット

シープ・メドウ

ニューヨーカーたちに愛されている芝生の広場です。緑豊かな自然の向こうには高層ビルを眺めることができます。芝生に寝ころんだり、ピクニックをする人で賑わっています。

ストロベリー・フィールズ

ジョンレノンの死後に作られた記念碑です。中央にはジョンレノンの代表曲「IMAGINE」が刻まれています。今でも誕生日や命日に多くの人が訪れます。

ザ・レイク

緑に囲まれた湖のザ・レイクはセントラルパークの中でも人気のスポットです。ボートをレンタルして1周することもできます。湖の南北を結ぶボウ・ブリッジも必見です。

ベンチ

公園内には9000以上のベンチがある中4200以上に銘板がついています。市民からのメッセージが刻まれています。セントラルパークへの寄付として個人がパーク内にベンチを設置するプログラムの一環です。

どんなメッセージが綴られているのか、見てみましょう。

ベルヴェデーレ城(Belvedere Castle)

19世紀に建てられたと言われるこのお城は行く価値アリです。お城の上から公園を見渡すととても気持ちがいいです。

ベセスダテラス(Bethesda Terrace):ベセスダテラスには噴水広場があり、映画の撮影地でも有名な場所です。噴水には天使の像があり、こちらも古くからあるようです。テラスにある壁画や天井画がとてもきれいです。

行く前にセントラルパークが出ている映画を日本で何本か観てから行くと、より楽しめると思います。(「魔法にかけられて」「フロッグ・プリンス カエルの王子さま」など)

注意点!

・セントラルパークに行くと、リスがたくさんいてつい写真を撮りたくなってしまいますよね。そしてリスに触ったり、餌を与えたくなってしまうかもしれませんが、近くに寄ったり餌を与えるのはやめましょう。リスに噛まれることも考えられます。実際ニューヨークでは、凶暴なリスが人間を襲ったという事件も起こっています。

・セントラルパークは夜になると危険な場所へと変わります。興味本位で夜に行くのは止めましょう。また広い公園なので、行く前に行きたい場所をある程度決めてから行くと良いと思います。私は冬の雪が降る寒い時期に行きましたが、昼間でも薄暗く、テラスにはホームレスや明らかに観光客ではない怪しい人達が寒さしのぎをしていて、怖くて写真も撮れなかった記憶があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA