シンガポール旅行記ブログ!マリーナベイサンズに滞在

主人が仕事の都合でシンガポールへ行くことになったのですが、自由時間も多いということでついて行くことにしました!

シンガポールと言えば話題のマリーナベイサンズやカジノ、日本未出店のアパレルブランドやローカルフードなど魅力がいっぱい!

1人で行動する時間も多いので、行きたいスポットを飛行機の中で入念に調べておきました。

今回はかなり盛りだくさんな旅だったので、誰でも楽しめてフォトジェニックなスポットを厳選してお届けします。

KONさんの旅行記
人数 大人2人 女性・男性
時期 6月
滞在期間 2泊4日

シンガポールは東京23区と同じくらいの広さで、とても小さい国です。

バスや電車も日本のPASMOのようなカードで乗り降りできるので、日本人にとってはとても旅行しやすい国だと思います。

チャンギ空港から市内まではタクシーで大体15〜20分程。

シンガポールはタクシーの初乗り料金が300円弱(レートにより多少変動はありますが)ととても安いんです!

ショッピングで荷物が増えてしまった時なんかは気軽に利用することができます。

今回泊まったホテルは今シンガポールで最も話題のマリーナベイサンズ。最上階には宿泊した人しか利用することができない巨大なプールがあります。

そこから見る夜景が素晴らしいと友達から聞いていたので、とても楽しみにしていました!

 

チェックインを済ませた後はホテル内にあるレストランで遅めのランチ。

ガイドブックにも載っている飲茶が有名なお店で、ランチタイムを外したにも関わらず長蛇の列ができていました!

今日の予定などを話し合いつつ15分程待って入店。いろいろな種類の小籠包をいただきました!できたて熱々の飲茶は最高ですねー!

この後も街で食べ歩く予定なので、腹8分目にしておきました。

ランチの後は食後の散歩も兼ねて街を散策。ジューススタンドやアイスクリーム屋さん、ファストフード店など、手軽な飲食店が日本に比べるとだいぶ多い印象でした。

ファッションビルやデパートなど、人が集まる大きな建物には必ずと言っていいほどフードコートが入っています。

いろいろな国の人が集まっている国なので、日本食はもちろん、韓国料理、イタリアン、インド料理、中華と本当になんでもあって驚きました。

旅行中、まず食に困ることはないと思います。

私のおすすめシンガポールのローカルフードTOP15

若者に人気のアラブストリートはフォトジェニックなスポットがたくさんありました!

街の中に突然現れるスルタンモスク。壁一面の壁画。古着屋さんのオブジェ。どれも素敵でたくさん写真を撮ってしまいました!インスタ映え間違いなしです!

その後はホテルの横にあるガーデンバイザベイへ。見たことのない植物ばかりで見応えがありました!

スカイウェイという散策路があるのですが、地上から22mという高さなので高所恐怖症の方はご注意ください。

次の日は楽しみにしていたプールへ!

とにかく見晴らしが最高です!昼でも夜でも楽しめます。

サンセットから日が沈んで徐々に夜景に変わっていく時間帯が特にオススメです。

天気が良ければぜひ味わってもらいたいと思います。

プールサイドにはレストランがあるので、ドリンクや食事をオーダーすることもできますよ!

プールを楽しんだ後は、最上階にあるCLUB55でチーズとチョコレートをいただきました。

ここでは地上55階からの絶景を見ながら、40 種類以上の特製デザートや 12 種類のヨーロッパチーズを味わうことができます。デザートにチーズ、女性にはたまらない組み合わせですよね!

別料金にはなりますが、ワインなどのお酒も頼むことができます。

チョコレート大好きな私には天国のようなお店でした!!

夜は主人が楽しみにしていたカジノへ。カジノはホテルの地下直結で24時間営業しています。ギャンブル好きにはたまりませんね!

カジノ内は撮影禁止なので写真はありませんが、見ているだけでも楽しいのでぜひぜひ行ってみてください!

ルーレットの周りに人だかりができて大盛り上がりしていたり、何時間も同じところでスロットをしている人がいたり…とにかく面白いです。

スロットは少額でも意外と長く楽しめるので、ギャンブル初心者さんにはオススメですよ!

主人はというと、一時は500ドル勝ったものの、最終的には200ドル負けて帰ってきました…。

シンガポールカジノで遊ぶ!年齢や服装(ドレスコード)は?遊び方を紹介

シンガポールはとにかく治安が良く、人も優しくて居心地の良い国だと思いました。

実は世界の治安の良さランキングでは東京よりもシンガポールの方が上なんですよ!なので、女性の一人旅でも安心して楽しめるはずです。

 

最後にいくつか注意点をお伝えしておきますね。

シンガポールはゴミの取り締まりがとても厳しいんです。ポイ捨てが見つかると捕まります。なんとガムの吐き捨て防止のため、国内でガムは販売されていません。

日本から持ち込むと罰金を取られる可能性もあるのでご注意ください。

あと22時半から7時まではスーパーやコンビニでお酒を買うことはできません。道や公園など公の場での飲酒は禁止されています。こちらも見つかったら捕まってしまうので気を付けてください。

飲食店ではもちろん飲酒できますのでご安心を。

 

いろいろな国の文化を楽しめる、見所満載のシンガポール。

ぜひ次回の旅行先候補に加えてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA