ハネムーンでニューヨークへ!おすすめ観光地を凝縮した旅行記ブログ!

旅行した時期 2016年11月

旅行目的 ハネムーン 主人が初ニューヨークなので、私のオススメスポットを凝縮した観光メインの旅になります。

旅行人数 2人

ニューヨーク1日目

JFK空港へ到着

今回ハネムーンでのニューヨークなので、公共交通機関は使用せず、ホテルまで送迎を利用しました。

送迎車の車窓から今回滞在するマンハッタンの景色が見えてきました。

右を見るとマンハッタンとルーズベルト島を繋ぐケーブルカーが見えます。

今回の滞在ではこちらにも乗る予定でいますので、それも楽しみです。

ジョン・F・ケネディ空港からマンハッタン(市内)へのアクセス方法

マンハッタンに到着し、滞在するホテルの目と鼻の先にあるトランプタワーを横目に

ヒルトン ミッドタウンへ到着。

チェックインをし、荷物を部屋に置いて街へ繰り出しました。

ヒルトンミットタウンに宿泊

マンハッタンの中心部に位置するため、どこへ行くにもアクセスが便利でした。近くにセントラルパークもあるので、朝少し早く起きて、セントラルパークを散歩できるところも魅力でした。

ホテル内にはカフェやバーもあるので、お腹すいたなって時や、外で飲んで来て飲みなおしっていう時なんかのちょっとした飲食には困りませんでした。

また、カロリーの多いアメリカ料理を食べすぎたっていう時には、ホテル内に24時間利用可能なジムがあるのでありがたかったです。Wifiもパスワードを教えてもらえば使用できたのでポケットWifiは借りずに行きました。

ニューヨークのフリーwifi事情!レンタルは必要か?

今日は、時差と飛行機の疲れもあるのでゆっくり過ごす予定です。

まずは小腹がすいたので、軽食を買ってセントラルパークへ。

セントラルパークは歩いて行ける距離とのことだったので、街の人に場所を聞きつつ辿り着きました。

この馬車を見ると、セントラルパークに来たなって感じがします。

ちょうど紅葉の時期で、紅葉とビルのコントラストがとても綺麗でした。

こちらの橋は、映画やアメリカのドラマ等でも良く見る景色です。

公園で野生リスが普通に見れるのも、アメリカならではですね。

散歩の途中、セントラルパークの前にあるショッピングモールへ立ち寄り、ホテル滞在中に必要な飲食を購入しました。

時差で眠たい中、歩き回ったこともあり、ここで私達の体力は底を尽きホテルへ戻ることに。

夕食は外食する体力がなかった為、ホテルに帰る途中でサブウェイを買い部屋で食べました。

この時まだ17時過ぎでしたが満腹になって眠くなったので早めに就寝。

ニューヨークセントラルパークの見所・楽しみ方完全ガイド

~ニューヨーク観光2日目~

日本ではありえない時間に眠りについてしまったので、夜明けの4時に2人共目を覚ましてしまいました。まだ完全に時差ボケが抜けていないのでその後眠れず、ホテル内のジムへ。

ランニングマシンで走って汗をかき、その後シャワーを浴びて出かける準備をしました。

まずは朝食をレストランのカフェで購入。

今日はフェリーでリバティ島に自由の女神を見に行くので、フェリー乗り場の最寄り駅のBowling Green駅まで地下鉄に乗りました。

地下鉄に何度も乗る人や3日以上滞在する人には1回のみのSingle Rideではなく、1週間乗り放題のメトロカードを購入してしまう方がオススメです。

こちらがメトロカードです。

ニューヨーク地下鉄の乗り方とメトロカードの購入方法

Bowling Green駅に到着したら、徒歩でバッテリーパークを目指します。

フェリー搭乗後、15分位でリバティ島へ到着。

途中にフェリーから見るマンハッタンの景色が最高です。

リバティ島に到着し、見上げるとすぐ近くに自由の女神が。

台座や王冠まで行けるチケットを予約している人はここから入場します。

私も台座までのチケットを予約していたつもりだったので、入場。

しかし、スタッフに「君たちのは上陸のみのチケットだよ」と教えられ、チケットを間違えて購入していたことに気付きました・・・

私のように、そそっかしい性格の方はちゃんとチケットを確認することをオススメします。

私達の気持ちのどんよりと連鎖して、天気もどんより。

自由の女神の行き方見どころ完全ガイド

突然雨が降ってきました。

アメリカは突然の雨が多いので、軽い折り畳み傘を常に携帯しておけば良かったと後悔。

実は今回リバティ島へ来た第二の目的が、こちらを購入することでした。

自由の女神のバービー人形です。

こちらのリバティ島でしか買えないお土産なので、オススメです。

ニューヨーク行きのフェリーに乗り、リバティ島を離れます。

雨が降ったのとフェリーで風がすごいこともあり、とても冷えました。

気を取り直して、昼食にリサーチしていた有名なピータールーガ―でステーキを食べるため、ブルックリンへ向かいます。

ピータールーガーに到着

ここは、ランチ時など混み合う時間は予約をして行った方がいいとクチコミに書いてあったのですが、私たちは行き当たりばったりで行きました。

「予約をしていないけれど入れる?」と聞いたところ、「15分位待ってくれれば入れるよ」とのことで待つことに。

こんな感じで皆さん待っています。待っている間は左のバーで飲みながら待っていても良いようです。

名前が呼ばれたので席へ。有名と言われるステーキを頼みました。

そしてここはデザートのパイに付いてくる生クリームが絶品と聞いていたので注文しました。写真だとあまり美味しそうには見えませんが、また食べに来たい最高の美味しさです。

写真のコインのようなチョコレートを沢山お土産にくれます。これも美味しいです。

満腹になったので、まずはブルックリンと言ったら外せないDUMBOエリアを散策。

カルーセルのバックにマンハッタンの景色が見えます。

帰りはブルックリンブリッジを、マンハッタンまで歩いて帰ります。

ニューヨークブルックリンの観光地

徒歩では30分くらいです。

この日はあいにく天気が悪かったので、ビル街の電気が点くのが早かったです。

ちょうどゆっくり写真を撮りながら渡り終える頃には、夜景に切り替わるところを見れました。

2日目の夜は夜景を見に行きました。エンパイアステートビルと迷ったのですが、エンパイアステートビルが目の前に見れるロックフェラーセンターのTop of the Rockに決めました。

寒いけれど、寒さも一瞬忘れることができる素晴らしい夜景です。

エンパイアステートビル展望台の行き方見どころガイド

そして、主人に食べさせたかったベンダー(屋台)の料理を購入。

そして一日歩き回って疲れ切った身体を休めるため、早めに就寝。

~ニューヨーク観光旅行3日目~

朝食はエッグベネディクトが食べたくて調べていたレストランSarabeth’sへ。

日本と比べると何でも少しお高いですが、美味しかったです。

次に向かったのはジョンレノンがかつて住んでいて、射殺された場所でも有名なダコタハウスへ。

ダコタハウスから徒歩すぐのところにある、ストロベリーフィールズへも足を運びます。

そして映画「ナイトミュージアム」でもおなじみのこちら。

アメリカ自然史博物館へ。ダコタハウスから一駅分の近くにあります。

本当に夜になると動き出しそうな模型たちです。

こちらは映画を見た方はもちろんですが、見てない方でも大人も子供も楽しめる博物館です。

こちらで2時間位見てちょうどお昼の時間になるだろうと予想して計画していた通りお昼の時間になったので、博物館の近くにあるシェイクシャックへ。

テイクアウトしてセントラルパークに戻り、いただきました。噂通りお肉がジューシーで、セントラルパークで食べるバーガーは格別でした。

次はヤンキースタジアムを外側から見に行くために、ブロンクスまで地下鉄に乗ります。

スタジアムの隣には小さなお土産ショップもありました。

帰りはハーレムで途中下車して少し散歩。

ハーレムを散歩した後、昼間のタイムズスクエアに向かいました。

タイムズスクエアの後はワールドトレードセンター跡地へ。

911メモリアル・ワールドトレードセンター見所やチケット完全ガイド

そしてまた、夜のタイムズスクエアへ。

夜ご飯はノープランで見つけたタイムズスクエアの近くにあるレストランへ行き、ホテルに帰り就寝。

ニューヨークタイムズスクエアの観光見どころグルメスポット

~ニューヨーク旅行4日目~

今日はニューヨークで遊べる最終日です。

まずは34stからミートパッキングエリアまでを繋ぐ全長2.3キロあるハイラインへ向かいます。ここでは、都会の中のオアシスを楽しめます。

至るところにベンチや芝生など休憩スペースがあります。

お昼は途中でハイラインを降り、チェルシーマーケットへ寄って調達し、ハイラインで食べることにしました。

チェルシーマーケットで人気のFat Witchで、お土産のブラウニーも購入しました。

途中のスーパーなどでもお土産を調達しながら、グランドセントラル駅へ。

こちらも良く映画やドラマ等で使われるロケ地ですよね。

そして1日目の送迎車の中から見ていたケーブルカーに乗りに来ました。

こちらに乗ってルーズベルト島へ向かいます。

こちらは通勤の人も使っているようですが、中に乗っていたほとんどが観光客といった感じでした。通勤で乗るなんて大変だけど、毎日こんな景色が見れるなんて羨ましいです。

ケーブルカー目当てで来たので、写真撮影をしてすぐ帰りのケーブルカーへ。

ルーズベルト島の夜景を堪能した後は、最終日はブルックリンからの夜景で締めると決めていたので、ブルックリンブリッジパークへ向かいます。

そしてあわよくばこちらのマンハッタンの夜景が望める人気レストラン「The River Café Restaurant」で食べたいなと思っていたのですが、やはり予約が満席で残念。行きたい方は予約をオススメします。

美しい夜景をいつまでも眺めていたかったのですが、11月のニューヨークの夜、ましてや川沿いは寒すぎました。冷え切ってしまったのでマンハッタンに戻り、温かいものが食べたかったので途中で見つけた日本食ラーメン店へ。

こちらに来てまだ4日だけですが、すでに日本食が恋しくなっていたのでとても美味しく感じました。

こんな感じで、4日間の中にたくさん凝縮したハードなニューヨークの旅を終えました。

次に行ける時は主人も2度目なので、もっとゆったりとしたスケジュールで回りたいと思います。

ニューヨーク現地の人について思った事感想

とても思考が柔軟。バスで多くお金を払ってしまった時、「一人分多く払ってるよ」と運転手に教えられましたが、「いいです、要らないです」と言ったのに、「後ろに並んでる人からお金をもらえばお釣りになるよね!」と、後ろの人に運転手がその旨を説明してくれて後ろの人もすんなり「それはいいアイディアだね!」と自分の払うはずだったお金を渡してくれました。

日本ならこの方法は誰も思い浮かばないだろうし、すごく柔軟に対応する人たちだなと改めて思いました。

ニューヨークで食べた料理について

現地の人の食事と言ったらベンダー。美味しい屋台料理のテイクアウトはニューヨークに行くと欠かせない食べ物です。ニューヨークが初めての人と一緒に行くと、必ずオススメする料理です。そしてみんな美味しいと言います。

色んな屋台が出ているので、お気に入りを見つけるのも楽しいかもしれません。

ニューヨーク旅行で気になった事・注意点

<用意しておくとよい物>

ニューヨークまでは飛行時間が長いので、私の機内グッズに欠かせないものは空気で膨らむクッションと着圧ソックス、アイマスクと乾燥防止のためのマスクです。

あとは現地の館内は冷房が強いので、すぐに羽織れるカーディガンを用意しておくと良いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA