シアトル1泊2日の旅行記ブログ

2018年の7月中旬に、1泊2日のシアトル一人旅をしました。ニューヨークに旅行に行くためにシアトル・タコマ空港から飛行機に乗る予定だったのですが、時間ができたため急遽観光することになりました。

1日半という短い間でしたが、結構楽しむことができたのでシェアしたいと思います。

私はグレイハウンドというバスでホームステイしていたワシントン州の田舎の町からシアトルに行きましたが、ほとんどの人がシアトルタコマ空港からアクセスされると思います。

空港からも結構時間はかかりますが地下鉄1本でダウンタウンまで行くことができます。私は方向音痴な方ですが、ダウンタウンから空港まで迷わずに行くことができたのでわかりやすいかと思います。

バス停に着いたらまず、荷物がたくさんあるのでホステルにチェックインしにいきました。

グリーントータスホステルに宿泊

私が宿泊した時は1泊4000円ほどでした。パイクプレイスマーケットが目の前にあってアクセスがとてもよく、スタッフの方の対応もフレンドリーでした。

私は20キロ越えの大きいスーツケースを持っていたので階段を上がるのがきつかったです。あと夜中に同じ部屋の人のいびきがうるさくてなかなか寝られませんでしたが、アクセスの良さや値段を考えると全然我慢できました。

大きなスーツケースを持って地下鉄に乗るのはやめておいた方が良いということを学びました。改札を通ることができず、親切な方が持ち上げて改札の向こう側にスーツケースを運んでくれました。

地下鉄を降りてホステルの最寄駅に着きましたが、地下鉄エリアはなかなかGPSが機能せず、たまたまエレベーターに乗っていた現地の方が道を教えてくれました。観光する前でしたが親切な方ばかりですでにシアトルが好きになりました!

ホステルはパイクプレイスマーケットのすぐそばにあるグリーントータスホステルというところに宿泊しました。

建物は古いですが、シアトルで一番アクセスがいいホステルです!初めてのホステルで不安でしたが、スタッフの方が親切だったので安心でした。

南京錠がいることを知らなかったのでレンタルしました。海外のホステルで貴重品が盗まれたというレビューをよく見かけていたのでホステルでの貴重品の管理は特に徹底しました。

チェックインして荷物を置いたらもうお昼過ぎだったのでずっと楽しみにしていた「パイクプレイスチャウダー」というチャウダーのお店に行きました。

回転率は良いのですがかなり行列だったので30分ほど待ちました。ちなみに前に並んでいた家族も日本人で、結構日本人が多い印象を持ちました。

いろいろな味のチャウダーがありましたが、私はオーソドックスなクラムチャウダーを頼みました。

チャウダーだけだとお腹が満たされないと思ったのでシュリンプのサンドイッチも食べました。

チャウダーは海鮮のうまみが凝縮されていて感動するほどおいしかったです。

サンドイッチもおいしかったのですが、小さくて7ドルくらいしたので次来た時はチャウダーだけでいいかなという感じでした。

チャウダーを頼むとついてくるオイスタークラッカーとパンも美味しかったです。

食べ終わったらパイクプレスマーケットを散策しました。

一番有名なのが魚を投げる魚屋さんです。投げるシーンは見ることができましたが一瞬だったので投げている様子を写真に収めることはできませんでした。

シアトルにはスターバックス1号店があります。私はシアトルに行く前からここで限定タンブラーを買おうと決めていました。1号店のロゴは緑ではなく、茶色でリアル感の強い人魚が描かれています。ドリンクを注文する列とタンブラーやマグカップを注文する列にわかれていたので行列でしたが割とスムーズに買うことができました。

パイクプレイスマーケットには有名なインスタ映えスポット、ガムウォールがあります。訪れた人が噛んだガムを壁に貼り付けていってできたカラフルな壁です。あまり衛生的にはきれいな場所ではありませんが、ガムを貼り付けていたりガムウォールを背景に写真を撮っている人がたくさんいました。もしガムをつけたい方がいればガムを持参しましょう!カラフルなものがおすすめです。

次にパイクプレイス周辺から抜け出してスペースニードルに行きました。スペースニードルはシアトルが一望できる展望台で有名なタワーです。地下鉄でモノレールの駅まで行ってモノレールに乗ったのですが、移動中に街並みが見れました!

あまりお金がなかったので展望台には登りませんでしたが、スペースニードルを見たり中でポストカードなどのお土産を買うことができたのでよかったです。

都会ですが自然もたくさんあるので喧騒から離れてリラックスした夕方を過ごすことができました。

 

シアトル観光2日目

2日目は午後2時くらいからニューヨークへの飛行機に乗らなければならなかったのでチェックアウトをして荷物を預かってもらってから朝ごはん兼昼ごはんを食べに行きました。

チェックアウトの対応もすごく丁寧でした。「荷物30分だけ預かってもらえますか?」と言ったら「取りに来るのいつでもいいよ」と言ってもらえました。

早めに起きて開店してすぐのビーチャーズというマカロニアンドチーズのお店に行きました。

私はマカロニアンドチーズは重くてそんなに好きじゃないのですが、ここのマカロニアンドチーズは重すぎず食べやすかったです。

朝だったので並んでおらずすぐにゲットすることができました。レジの向かい側には大きなチーズ製造エリアがあります。

ガラス張りになっていてマカロニアンドチーズに使われているチーズがどのように作られていくのかを目の前で見ることができました!

目の前に頼んだマカロニアンドチーズを食べるためのカウンターがあったのでチーズが製造されて行くのを見ながら食べました。

私が訪れた他のアメリカの都市と比較して、シアトルは食べ物がおいしいと思いました。シーフードが好きな方にはおすすめな旅行先です。

また、ニューヨークやロサンゼルスよりも観光地へのアクセスが良いのも魅力的でした。「こことここに行きたいけど距離が離れすぎていて難しい」ということがありませんでした。

チャイナタウンという中華街のような場所もおすすめです。今回の旅行では行くことができませんでしたが、このエリアには日本食スーパーレストラン、中華料理などがたくさんあり、アジアンフードを楽しむことができます。

私はこのシアトル旅行の後に、もう一度数時間だけシアトルに立ち寄る機会があったのでチャイナタウンを訪れました。

その際に日本食のスーパーのUwajimayaを訪れたのですが、日本の食材が手に入るだけでなく、中にフードコートのような場所があってアジアンフードを食べることができます。

たこ焼きもありました!このエリアにはタピオカドリンクのお店も何件かありました。

こんな感じでグルメも充実していて日本からもアメリカ国内では近めな都市なのでシアトルはとてもおすすめです!

シアトル現地の人について

シアトルの現地の人はとても優しかったです。道を教えてくれたり何人か気さくに話しかけてくれました。

今までにポートランドやニューヨーク、ロサンゼルスといったアメリカの大都市を訪れてきましたがその中では一番ホームレスも少なく安全だと感じました。私は運がよかったのか一人も見かけませんでした。

シアトルの料理・食べ物について

シアトルはシーフードで有名です。一番の人気店なのがパイクプレイス・チャウダーのクラムチャウダーです。アメリカといえばハンバーガーやピザですが、シアトルではカニやエビなど他の州ではあまり食べられないグルメを楽しむことができます。

シアトル旅行で気になった事・注意点

シアトルの気候

気になったことは天気です。シアトルは北のほうにあるので夏は涼しいのですが冬は結構寒いです。特に秋冬シーズンに訪れる方はヒートテックを持っていくなど防寒が必要だと思いました。

安宿に泊まる時はセキュリティーに注意

また、ホステルに泊まる際は南京錠を持参して貴重品の管理をしっかりすることとできれば同性のみの部屋を選ぶことをおすすめします。

シアトルの観光は2~3日で十分

シアトルはそんなに観光名所は多くないので2日〜3日で十分だと思います。私は一人で1日半でここだけは行っておきたいという場所は割と回れたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA