ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

このほど、娘の提案で、私の母の誕生日をグアムで祝うため、親子三世代にわたる女子旅を企画・決行しました。

一年ほど前に大きな手術をした母のために、今回は、フライト時間の短いグアムを目的地に、ちょっと奮発してJALビジネスクラスを利用しました。

私自身、いつもはエコノミークラスですので、飛行機からワクワクの楽しみな旅。出発の前に成田空港・専用ラウンジで一息ついてからの搭乗です。

機内は、比較的空いていたので、母は窓を開けて存分に空と雲の景観を楽しむことが出来ました。

ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記 ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記 ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

ニッコーグアムに滞在!

普段から日本食オンリーの家族のため、ホテルはニッコー・グアムを予約。日本語も通じるし何かと使い勝手のよいホテルです。コネクティング・ルームで二部屋確保しました。

ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記 ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

ホテル・ニッコー・グアムに滞在した感想

朝食が和食でとても美味しかったです。マンダラスパもあるため、ヒーリングにも最適なホテルと言えます。

ホテル目の前のビーチはほぼプライベートで、デッキチェアのしつらえもゆったりしています。部屋からの景観は素晴らしく言うことなしです。

 

到着後、ツアーで免税店に行きましたが、そこで軽食を取り、なんと日本の「コンビニおにぎり」が約10ドル。グアムの食事については、事前に聞いていたものの・・・にわかに不安になってきました。

ツアーで地元のスペイン系カソリック教会(聖母マリヤ大聖堂)や戦跡(バンザイクリフ)も周りました。

ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

教会のステンドグラスは圧巻で、その外観の白さからは想像できないカラフルな世界が待っていました。色彩が鮮やかで、とても美しい空間を目にすることができます。ピカソの絵もそうですが、色彩の美意識がスペイン独特のようにも感じます。

しばし旅の疲れも忘れ静寂の中で、ほっとするひとときを過ごしました。

街路の樹木も日本では、ついぞ見かけない真っ赤な鮮やか美しさで、そんな時、ふと南国にいることを実感します。

 

グアムは知る人ぞ知る、第二次世界大戦では日本軍が占領下に置いた島で、サイパン同様、激しい戦闘が繰り広げられた最前線として戦跡が今も多く残り、ツアーでは、壕も見学しました。

ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

写真は、バンザイクリフと言われる崖で、当時の多くの日本人が身を投げた場所として知られています。

ツアーガイドの方が「ここで売っているパイナップルアイスクリームは絶品」とご紹介されていたので、トライしてみました。確かに、美味しい!!

海中展望塔という水族館も訪れました。360度方向の窓から見える素晴らしいサンゴ礁と、自然のままの魚達の姿を近くで見ることが出来、子供からご年配の方まで幅広く楽しめそうです。

イルカウォッチングクルーズ

ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

また、娘の希望で、イルカウォッチングクルーズに参加。小型ボートで洋上を走り回ること約2時間。

ずっとイルカの姿を探しながら、大海原のただ中で時間だけが過ぎて行きます。(とはいえ、海の美しさは最高!)
いつまでも、いつまでも、あてどなく彷徨っているようにも思え、虚しさに襲われ始めた頃、あえなくツアーは時間切れとなり、ツアーは終了しました(笑)
残念賞として、イルカの絵のTシャツを頂きました。

気のせいでしょうか、出発前から、その残念賞の人数分を数えたりして、ご準備されていたようですし、ツアー直後に、ものすごく手際よく、さっさと配られましたので、「イルカ見られない前提ツアー」だったのかな??と疑いたくなる内容でした(笑)
(後日談ですが、娘が、その後ハワイを訪れた時は『魚群探知機』搭載のボートで、すぐにイルカの群れに出遭えたそうです。ツアー予約前にその点をご確認されることをお勧め致します)
そのツアーには、小さな滝の流れるカフェレストランでのランチも付いており、メニューはなぜか、そうめんとカレーライス。とりあえずの日本食で美味しく頂きました。

夜、日航ホテル、浜辺のバーベキューとチャモロ民族舞踊・ファイアダンスショー。
お料理は、普通に美味しくてボリューミー。グアムに来て、初めての納得ディナーでした(笑)

グアムは、岩の多い海で泳ぐよりも、ホテルのプールに子供向けのウォータースライド等の楽しい遊具がバラエティ豊かに設置されているので、小さな子供を連れての海外旅行にはベストかな、と感じました。(母は、プールなのに救命胴衣を着たまま泳いでいました(笑))

ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

グアムにはいくつかの大型モールがありトローリーや地域の路線バスで自由に行き来できます。まさに、この島は、ショッピング天国。中心地からシャトルバスで10分も行けば、大規模なショッピングモールに到着します。施設内は、多種多様な有名ブランドの人気店舗がズラッと入っており、、、またフードコートも充実、買い物好きであれば、終日退屈することはありません。OPIなどの高品質マニキュアやオリジナルコスメも入手しやすい価格で売り場に並んでいます。

この旅で、娘はシャネルのバッグを買うつもりで、はりきっていました。ブティックでアルバイトをして貯めたヘソクリを持ってグアムに乗り込みましたが、たまに「足りなかったらママに借りればいいや」とボソッと小声で言う呟きが若干、気になりましたが、「たぶん空耳かな?」と考えることにしてスルーしておきました(笑)

ニッコーグアムホテルに滞在!ビジネスクラスでグアム女子旅行記

免税店Tギャラリア・グアムは、タモン地区のほぼ真ん中に位置しており、広々とした施設内には、「カルティエ」や「エルメス」といった一流ブランドの店舗が入っています。なんと23時まで営業しているので、娘は滞在中、ほぼ毎日このモールに通っていました。その都度、母と私は、平均2時間ぐらいは待たされるので、最終日にはこの建物の間取りも含め、すべてを覚えてしまい、お店の店員さんとも親しく会話するほど通い詰める有様。。。(笑) 内心「この娘、どうなっちゃっているの?」という状態。

結果、やっとのことで、どのバッグにするか決定したのは、帰国前夜でした。もう、その頃には、買い物でアタマがいっぱいの娘は、どうやらおばあちゃんの誕生日のことは、ほとんど忘れてしまったようにも思えましたが、娘にしたら初めての海外旅行。私も母も、そのことは黙っていました。
娘は、帰国し、成田空港で、そのことを思い出し(笑)、反省したようで、私と母に空港のカフェでクリームソーダをおごってくれました。旅の思い出も含め、最高に美味しく感じたソーダでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA