台北旅行記ブログ JTBのガクタビ格安ツアーに参加!

2016年、1月の3連休を使って台北に行きました。初めての海外旅行だったので大学生協でガクタビという学生向けのツアーで行きました。

ツアーと行っても不安な飛行機とホテル間の送迎があるだけでほとんどが自由行動だったので安心して好きなように旅行できました。

自分でホテルや飛行機などを手配した方が自由に安く旅行できるとは思います。

1日目

昼に福岡空港から出国し、飛行機に乗っている時間は2時間ちょっとだったと思います。

入国手続きを終えたらツアーガイドの元へ行き、一緒のツアーの方が全員揃ってからバスに乗って免税店に行きました。

免税店に行く必要がない方にとっては時間がもったいないと感じるかもしれませんが、私はお土産を買いたかったので立ち寄れて良かったなと思いました。

その後ホテルまで移動しました。到着したのは夕方3時〜4時くらいだったと思います。

ホテルのチェックインもツアーガイドの方がやってくださったので中国語が喋れない私でも安心でした。

ワンテルホテルに宿泊

JTBのガクタビ格安ツアーで決められていたホテルだったのでランクとしては一番下だと思います。外見は古かったですが、部屋は清潔でした。地下鉄の駅からのアクセスも良く、ほとんど観光していて部屋ではシャワーを浴びて寝るだけだったので不満はありませんでした。

九份の千と千尋の神隠しの舞台へ

チェックインして荷物を置いたらこの日は九份に行く予定だったので急いで向かいました。

MRT忠孝復興駅から九份へのバスが出ているみたいなのでそれに乗る予定でしたが、日本語が喋れるタクシーの運転手さんと、大阪から来た観光客の方に話しかけられて相乗りすることになりました。

忠孝復興駅あたりには九份行きのバスに乗ろうとしている観光客を勧誘するタクシー運転手が多くいました。

1時間くらいタクシーに乗って1人あたりの料金は日本円で約800円だったと思います。バスの2倍くらいしましたが、バスは混雑するみたいなのでタクシーに乗れて良かったです。

九份に着くととりあえず道なりに沿って登って行きました。臭豆腐のような独特な匂いがしてきつかったですが、雰囲気はまるで千と千尋の世界に入り込んだみたいな感じでした。

湯婆婆の屋敷の舞台になったと言われる阿妹茶樓(あめおちゃ)にはずっと行ってみたかったので入りました。

特に並ぶことなくスムーズに入れました。ちょっとした和菓子のようなものとお茶が付いて来て日本円で1000円以上しました。しかし、何回もお湯を注いでくれるのでお茶は無限に飲めました!

上まで上がりましたが、夜景もきれいでした。ここはまた台北に来たら行きたいなと思います。

士林夜市で食べ歩き!

夜になってお腹が空いてきたので九份で食べようか迷いましたが夜市に行くことにしました。

行ったのは士林夜市です。夜市にはたくさんのローカルフードの屋台が並んでいました。

ここでも臭豆腐の匂いがすごかったです!臭豆腐を食べる勇気はなかったので美味しそうだなと思った焼き鳥のような串に肉が刺さったものと、行列ができていて人気そうだったドーナツのようなものを食べました。

美味しかったです!ローカルフードを楽しめましたし、アクセサリーやグッズなどの店もたくさんあっておもしろかったです。

夜はコンビニで台湾ビールを買いました。マンゴービールが有名みたいなのですが、全種類買いました。

しかし、私はお酒が飲めないうえビールの味が苦手なため友達から一口もらって満足しお土産として持って帰りました。

(私は当時19歳だったのですが、台湾では18歳から飲酒できるので購入も飲酒もできました。しかし日本の未成年でお酒をお土産として日本に持ち帰る場合は量に関わらず税関にて申告し、税を払う必要があります。)

2日目

この日は朝からお土産を買いに行きました。台湾元を持ってなくて手数料なしで両替をしてくれる日本語が流暢なおばあちゃんがいるお茶屋さんがあるというのを調べていたのでそこに行きました。

昇祥茶行というお店です。本当にその日のルートそのままで両替してくれました。また、お茶やパイナップルケーキの試飲と試食をたくさんさせてもらえました。

私はお土産としてパイナップルケーキと東方美人茶を買いました。急須をもっていなかったのでお土産に急須も買いたかったのですが高すぎて手が届きませんでした。

龍山寺にお参り

その後は龍山寺に行きました。ローカルの人がたくさんお参りしていましたが、私はよく参拝方法やおみくじの引き方がわかりませんでした。

現地の方が教えてくれたのですが、中国語がよくわからなかったのでなんとなくになってしまいました。パンフレットで予習しておくべきだと思いました。

おみくじは無料ですが、半月型の赤い木片を床に3回落としてその結果でおみくじを引けるかどうかが決まるみたいでした。

私はおみくじが引けましたが、友達は引くことができませんでした。おみくじの結果は大吉だったのでなんか日本で大吉を出すよりも選ばれた人しか引けない中でさらに大吉が出たので嬉しかったです!

参拝を終えると、アイスモンスターに行きました。シェーブドアイスの人気店です。かなり行列で食べるまで1時間くらい並びました。私はいちご味を頼みました。マンゴーが人気らしく、売り切れていました。

3日目

この日はディンタイフォンのコース料理を食べに行く予定だったので午前中はディンタイフォンがある台北101あたりを散策しました。

JTBのツアーにディンタイフォンのコースが通常価格の半額以下で食べられるチケットを購入することができたのでツアーガイドの方から1日目に購入していました。

メニューはさまざまな種類の小龍包や野菜炒めのようなもの、スープ、チャーハンなどのコースで全部おいしかったです!料理が順々に運ばれてくるので次何がくるのか楽しみながら食事できました。

食事の後は雑貨屋さんは好丘 Good Cho’sというところです。

絵が展示されていたり可愛い雑貨やお菓子がたくさんあって見ていて楽しかったです。

台北101の近くにも関わらず、犬が昼寝していたりのどかな感じでした。

夜は饒河街観光夜市に行きました。屋台もありますが、雑貨やアパレルなどのお店がたくさんありましたがかなり混んでいたため食べ歩きは大変でした。

台湾マッサージへ

この日は最終日だったため、ツアーが提携していた足つぼマッサージのお店に行きました。

夜中でしたが送迎付きだったため安心して受けることができました。

足つぼをする予定でしたが、結局顔のエステのようなものを受けました。

ニキビや角栓のようなものをとってくれて、ピーリングのような感じで不要なものを取り除くような施術を受けました。

終わったあとは肌がツルツルになっていた気がしました。足つぼする現金を持っていなかったので次回は足つぼや産毛取りも経験してみたいと思います。

台湾は日本からも近いし、3連休でも十分楽しめたので社会人の方にもおすすめです!

ちなみにタピオカは200円などで大きなサイズが飲めます。台湾料理も日本人の口にぴったり!

台湾人について

意外と日本語が話せる人が多く、市場に行ってもおまけしてくれる店員さんがたくさんいました!ただ台湾の人がみんなに親切なだけかもしれませんが、親日さを感じました。日本人と言ったら反応が良かったです。

友達が中国語をしゃべろうと頑張っていたら店員さんが値引きしてくれていました。ただ、タクシーを乗るときなど観光客を騙そうとする人もいるみたいなので気をつけはしました。

台湾料理について

毎日ローカルフードを食べました。夜市で並んでいて人気そうなお店でドーナツや焼き鳥のようなものを食べ歩きしました。

また、ディンタイフォンという有名な小籠包のお店に行って小籠包を食べたのですがとても絶品でした。後にも先にもあれを超える小籠包には出会っていません。

台湾旅行のアドバイス

WiFiは持参した方がいい!

台北旅行ではポケットWi-Fiを用意した方がいいと思います。事前予約して空港で受け取れるようにしておくのが安心です。

海外でデータを使うと高額な請求が来るのでデータローミングをオフにしておくかわかりにくければずっと機内モードにしておいた方がいいと思います。

雨具は持って行きましょう

また、雨が降りやすいので折り畳み傘は必須です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA