女子旅!シンガポール旅行記ブログ!観光の注意点もチェック!

2016年2月に5泊7日でシンガポールに行きました。友達と2人で空港からホテルまで送迎ありのJTBのガクタビツアーに参加しました。費用はなるべく安い日を選び、7万円くらいでした。

Naoさんの旅行記
人数 大人2人 女子
時期 2月(冬)
滞在期間 5泊7日

1日目

福岡空港から6時間30分くらいかかりました。現地には夕方遅くに到着しました。

この日は体調もあまり良くなかったし、時間も観光できるような時間ではなかったのでホテルでゆっくり休みました。ホテルはベッドも大きくて清潔感もあって、ランクは高くなかったのにランク以上に感じました。

ホテルロイヤルシンガポールに宿泊

学生用のツアーでホテルのランクも下から2番目のCランクにしていたためあまり期待してませんでしたが大きくてきれいで、アクセスも良かったのでとても満足でした!近くにはショッピングセンターがあったのがとても便利でした。

2日目 リトルインディアへ

やっと観光ができる日になりました。1日目は送迎ありで体調も良くなかったのでシンガポールの街並みを見る余裕がありませんでしたが、ホテルから出てちょっと歩くとビルが立ち並んでいてびっくりしました。

まずはリトルインディアに向かいました。インドには行ったことがありませんが、まさに小さいインドという感じでした。シンガポールという感じがしませんでした。駅から降りてちょっと歩いただけで街並みや人が違いました。ただ写真を撮ってちょっと歩き回って終わってしまいました。お土産屋さんなどのお店はありませんでしたが、雰囲気は楽しめたのでよかったです。

お昼はたまたま見つけたフードコートに行き、お目当のシンガポールチキンライスを食べました。

300円くらいと安いのにボリュームがあって美味しかったです。これだけですぐにお腹いっぱいになりました。

お米が日本のものと違いタイ米のようなものでしたが、タイ米があまり好きでない私でも美味しく感じました。味付けとお米の硬さがあっているようです。

食事を終えたあと雑貨屋めぐりをしました。オーチャードというところにはラグジュアリーブランドからお手頃なブランドまで揃っている大きなショッピングモールがありました。

このエリアには結構ショッピングビルディングが立ち並んでいました。ビルの中に入っているメリッサという雑貨屋さんは日本人にも人気でかわいい雑貨が売っていました。

雑貨は買わずに見るだけでしたが、いろいろ見て回ってチャールズアンドキースのサンダルを購入しました。チャールズアンドキースはシンガポールの靴やカバンが売っているブランドです。

今は日本でも購入できますが、私が旅行に行った当時は、昔日本にあったけど撤退したみたいで「日本じゃ買えない!」と思い絶対に買おうと決めていました。

価格帯としてはサンダルは4000円くらいで鞄は8000円くらいで売っていました。私はセールのサンダルを購入したので2000円ちょっとで買えました。

買い物を終えるとブギスを観光しました。アラブストリートにはサルタンモスクというイスラム教の寺院がありました!礼拝はしませんでしたが写真だけ撮りました。

ここのエリアには有名な「ジャマルカズラアロマティクス」という香水のお店があります。数え切れないほど種類がある香水の中から自分の好きなものを選びます。

何と言っても入れ物もかわいく、全部同じに見えるけど細かいデザインがそれぞれ違います!香水も容器もお気に入りのものを選べます。

日本のテレビでもよく紹介されていることから観光客が多く、飛行機に入れて持ち帰っても割れないようにちゃんと包装してもらえたので安心でした。私はムスクの香りのものを購入しました。おまけの香水ももらえちゃいました。この日は買い物メインで終わってしまいました。

3日目

この日はガーデンズバイザベイとの観光とナイトショー、マリーナベイサンズのプロジェクションマッピングを満喫しました。

ガーデンズバイザベイには明るい時間に着くようにして昼・夕方・夜全ての雰囲気を楽しみました!昼はお土産やガーデン内にある植物だったり芸術品を見て回りました。

ツリーの上に上がることができるので上がって写真を撮ったり景色を眺めたりしてゆっくりすごしました。ガーデンズバイザベイからはマリーナベイサンズのホテルが見えました。

夜は光のナイトショーがありました。みんな芝生に寝っ転がって楽しんでいました!音楽に合わせて光が点灯するショーで、その音楽は世界各国のものが使われているようでした。日本の曲では「上を向いて歩こう」が流れました。

ガーデンズバイザベイのショーが終わると、マリーナベイサンズのショーに向かいました。マリーナベイサンズのホテルの中にはショッピングモールのようなものがあったのでショーが始めるまで中で時間を潰していました。

 

光のショーは感動的でした!水に光が映し出されていて、その光の映像がストーリーになっていました。人がたくさんいて写真を撮るのが難しかったのですが、写真を撮らずに肉眼でもっとみておけばよかったなと思いました。

4日目 セントーサ島へ

この日はセントーサ島に行きました。100ドルくらいのガクタビのツアーでオプショナルで追加できるものです。ホテルからセントーサ島までの送迎(片道1時間くらい)、観覧車のような乗り物とマーライオンの展望台に登れる、セントーサ島の水族館に行ける、お高いコース料理が食べられるの盛りだくさんで1万円だったのでお得だったのではないかと感じました。

まずついたら乗り物に乗りました。ゆっくり回転しながら上に登って行き、景色が見れる感じでした。晴れていて絶景でした!

その後、マーライオンタワーに移動しました。登ってガイドの方に写真を撮ってもらうことはもちろん、メダルが出てくるアトラクションやシンガポール・マーライオンの歴史についてのビデオを見ました。

終わったらツアーのみんなでランチを食べ、水族館に行きました。水族館が個人的には一番よかったです。自由時間は2時間くらいあったと思います。

日本では見られない魚がたくさん見られて、今まで行った水族館の中でも規模がかなり大きかったです。

5日目

この日は最終日です。朝にチェックアウトをして、ホテルで荷物を預かってもらいました。帰国のフライトは深夜だったため、それまでは自由に観光して夜の指定された時間に宿泊したホテルに集合し空港までの送迎をしてもらう流れでした。

チェックアウト後、チャイナタウンに向かいました。2日目にリトルインディアに行きましたが、それと同じように小さな中国という感じがしました。現地の人も中華系ばかりで、それっぽい雑貨や食堂などがたくさんありました。

ぶらぶらしてからガイドブックで見たかき氷のお店に行きました。ポッピングボバの食感がおもしろかったです。

チャイナタウンの観光が終わったら、足つぼマッサージに行きました。クレジットカードの機械が壊れており、友達に貸していて現金も足りなかったので私は諦めて友達だけ受けました。しかし、値段は七千円くらいでしたが気持ちよかったそうです。

その後、ディナーでチリクラブのコースを食べました。チャーハンや野菜類などいろんな料理が出てました。普段はなかなか食べられないようなお高いコース料理で締めのディナーにぴったりでした!

チリクラブは辛いのかと思いきやまろやかで、外がかりっとしたパンにつけて食べてもおいしかったです。シンガポールに行ったら食べずには帰れない料理だと感じました!

私が行った時はマーライオンが工事中で見られなかったので、もし次行く機会があればマーライオン周辺も観光したいと思います。

シンガポールの人について

英語は通じるのですが、普段アメリカ英語を勉強し聞き慣れている私にとっては現地の人の英語はシンガポールなまりが強めの人が多かったので聞き取りにくかったです。

中国語を話す人が多かったように感じました。あまり現地の人と関わる機会がなかったのですが、ツアーガイド・道を聞かせてもらった人など優しい方ばかりでした。

シンガポールの料理について

シンガポール風チキンライスや、クラブハウスなど有名なシンガポール料理を食べました。

クラブハウスは高かったですが、シンガポール風チキンライスはお店によって違うと思いますが日本円で300円くらいだったと思います。

シンガポール風チキンライスをはじめ、フードコードにある食べ物は安くてボリュームがあっておいしいので現地の人は自炊はほとんどしないそうです。

そのため現地の人がリアルで食べている食べ物を食べることができると思います。

シンガポール旅行で気になった事や注意点

法律が厳しいので事前にチェック!

「地下鉄で絶対に飲食をしないようにする」これだけは私も気をつけていました。日本でやっているように無意識にペットボトルの水を飲みそうになりましたが、見つかると罰金になるので気をつけてください。

喫煙についても厳しいルールがあるみたいなので現地のマナーや法律については一通りガイドブックで調べておく必要があります。

雨具を持って行くことをおすすめします

また、気温が熱く雨も降りやすいので折り畳み傘や温度調節がしやすい服を持ってくるのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA