タイサムイ島旅行記ブログ!チャウエンビーチ沿いのムアンサムイリゾートに宿泊!

初めてのタイ旅行!!あえて定番を外したゆったりな旅

初のアジアのビーチリゾートは、タイの「サムイ島」です。

今回は秋にお休みが取れたので、3泊5日のサムイ島トリップを紹介いたします!

サムイ島は勿論、タイに訪れるのも初めての私たちはまずタイについて調査!

自然に近くローカルの雰囲気を楽しみたい

場所によって雨季・乾季が異なるということで、ちょうど私たちは旅行する時期に雨季ではない場所を、ということで、今回はサムイ島に行ってみよう!と決めました。

またプーケットやバンコクと違ってより自然に近く、よりローカルに、よりリゾート感を感じらそうでしたので夏旅行にはぴったりなので結構即決でした。

今回の旅行のスケジュールは、3泊5日。

羽田からタイ国際航空で出発

初めてのタイへは、羽田空港から。仕事を終えてから深夜便で出発です。

今回の飛行機は、タイ国際航空を利用しました。まずは深夜便で羽田からバンコクに。そして乗り継ぎでサムイ島まで向かいます。

タイ国際航空のキャビンクルーの方はとてもフレンドリーで日本語も片言ではありますが話してくれたので安心して乗って入られました。

バンコク到着も早朝のため、お店はあまりやってなく残念でしたが、そんなこんなでサムイ島まで到着です。

サムイ島に到着!

サムイ島に到着したのは、昼前くらい。

空港はとても小さく、自然に馴染んでいてとても南国っぽい感じです。一気に南国に来たな、という気持ちになります。そして空港といえども吹きっさらしなので、暑い暑い・・・

入国待ちには、フレッシュジュースなどを飲んで待つことができました。

とっても簡単に入国が完了して、早速ホテルに向かいます。

ムアンサムイリゾートに宿泊!

初めてのタイ旅行でサムイ島に行くので、タイっぽいリゾートに宿泊したいと思い、こちらのホテルを選びました。周辺は多くのリゾートホテルがありましたがこちらを選んだのは、圧倒的にコストパフォーマンスがいいからです。

4つ星ホテルなのにとてもリーズナブルで、敷地もとても好きなタイプでお部屋もエキゾチックで素敵だったのでこちらに宿泊しました。

初めてのタイ旅行、そして初めてのサムイ島なので、衛生面にはかなり気を使いましたので、水回りはかなり注意して探しました。何しろ初めてのアジアのビーチだったので念入りに確認しました。

ムアンサムイリゾートは、チャウエンビーチに位置するリゾートホテルです。ホテル全体がタイ様式の装飾が施されており、アジアンリゾート満載の5つ星ホテルです。

一つ一つのお部屋がヴィラみたいになっていています。そして全部のお部屋にバルコニー(テラス)が付いているのもとても良いポイントでした。

ホテル中自然が豊かでとても居心地がよくお花も多く、エキゾチックな雰囲気が最高でした。

お部屋は、ガーデンビューのお部屋でしたが、お部屋からも自然が見えて木漏れ日がとても気持ちい!部屋にバルコニーも付いているのでそこでまずは乾杯します。

湿気があるので暑いですが、木や植物が多いので日陰は涼しいです。まさに天国!!

ホテルのプールやホテルの目の前のビーチでとことんゆっくり過ごします。

ホテルの目の前のビーチでは、サップをして過ごしました。

遠浅なので、思いっきり遊べるわけではありませんが、海辺でぼーっとしながらのビールが最高です。

周辺にはリゾートホテルが多いので、ビーチから歩いて近くのホテルを散策するのも楽しいです。

ホテルのプールには毎日入りました!人も多すぎず、のんびりすることができました。

ホテルでのんびり過ごして、夜はホテルに併設されたシーフード料理を食べて就寝です。

海の音は聞こえませんが、自然の音を聞きつつぐっすり眠れました。

ナンユアン島・タオ島を巡るツアー

サムイ島滞在中、一度遠出をしました!

朝からオプショナルツアーで離島(ナンユアン島・タオ島)を巡るツアーに参加しました。

もちろんサムイ島のビーチも綺麗なのですが、せっかくならもっと綺麗な離島に行きたい、と思い参加してみました。

マリーナから大型船で1時間ほど。船内は冷房が効いているのでカーディガンなどは必須。

また大型船なので揺れなどは全く気になりません。

1時間強ほどで「ナンユアン島」に到着です。

ナンユアン島を散策

ナンユアン島は、三つの小島がビーチで繋がった、不思議な島でした。そしてビーチの透明度はピカイチです。砂浜は真っ白で透き通るブルーがそれは綺麗なビーチでした。

シュノーケリングをしたり、また山に登ってみたり。

なかなかハードな山登りだったのでビーチサンダルだと少しきついですが、頂上からみた景色はため息が出るほど綺麗な光景でした!

サムイ島から日帰りで行けるのでとてもオススメのツアーです。

またサムイ島に戻ってからは、ホテルでのんびり過ごします。

チャウエンビーチ沿いは賑やか!

夜は、チャウエンビーチ沿いの繁華街でご飯を食べたり、バーで少し飲んでみたり。

さすがタイの街。夜はとっても賑やかです。ムエタイの宣伝やらショーの宣伝やらで人がたくさん集まっていました。日本人の私達からすると少しおっかない感じ。

街にはシーフードのお店が多く、またマッサージ店も多かったです。

ホテルステイがメインだと本当のホテルでゆっくりして1日が終わってしまいます。

この至福の時間がずっと続けばいいのに、続くわけはありませんので最終日のディナーは少し遠出をして、「Prego」まで。

友人が前にサムイ島に来た際に美味しかったということを言っていたので予約を取って訪れました。

Pregoは、チャウエンビーチ近くの人気ホテル、アマリ コ サムイ にあるイタリアンレストランです。

カジュアルなイタリアンレストランで、絶品です。店内もオシャレで、ローカルフードも良いですが最終日はこのような綺麗なレストランでワインを飲むものすてきです♪

イタリアンレストランにしてはリーズナブルでオススメです。

最終日は、朝早くホテルに別れを告げ、空港に向かいます。

初めてのタイ旅行、とてもリラックスした時間を過ごすことができました。人も自然も食事も魅力的なタイ。

物価も安く、お買い物も、エステはもちろん、ビーチでビールは最高でした。日本人にも馴染みやすいので、リピーターになってしまいますね。

次のタイ旅行、どこを訪問するかワクワクします。

タイ・サムイ島の人について

初めてのタイ旅行だったのでかなり警戒して訪れましたが、心配は全然ありませんでした。

ホテルの人はいつも笑顔で気さくに話しかけてくれて、街中にいる人もとてものんびりしていて癒されました。辿々しい英語も聞き取ってゆっくり話してくれました。

サムイ島の食事について

もともとタイ料理は苦手で日本でも避けてきましたが、現地のタイ料理はとても美味しく感じました。暑い中辛いもの刺激的なものを食べて汗かいて、とてもスッキリしました。

あとはフルーツがとても美味しくて安くて天国でした。

サムイ島旅行の注意点

いきなりスコールが降る!

私たちはギリギリ乾季に訪問しましたが、それでも突然大雨に降られました。日本で経験する雨とは少し違い、短時間で大量に降ります。バケツをひっくり返したような雨です。

なので雨具はあったほうがいいかもしれません。時間にするとそんなに長い間振り続けることはありませんでした。すぐ上がるので近くのお店に逃げ込むでもいいでしょう。

そうすると雨に濡れた体でクーラーガンガン冷えたところにいて寒くなったりとするので注意してください。雨が上がった後は、かなりジメジメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA