ファッション街ソーホーに宿泊!ニューヨーク旅行記

個人的にブティックホテルが好みで、ファッション街としてもマンハッタンで有名なソーホーというエリアに滞在したいという想いから今回「ソーホーグランドホテル」を選びました。

Watanabeさんのニューヨーク旅行記
旅行した人詳細 2人 30代後半 女性
滞在期間 4泊6日
旅行時期 2018年10月

ホテルに入るとまず笑顔でベルマンの方が丁寧に2階にご案内してくれました。

Soho Grand Hotel (ソーホーグランドホテル)に宿泊!

買い物には最適のエリアで、可愛らしいショップやレストラン等が立ち並ぶ ソーホーにあるホテルです。

ニューヨークでローカルの方にも大人気のブティックホテル。宿泊したお部屋からニューヨークの象徴とも言われているエンパイアステートビルディングを観ることができました。

ホテルの詳細はこちら>>

フロントデスクは1階ではなく2階にありました。まさにニューヨークというお洒落な色使いのロビーやレストラン。

レストランの奥へ進むとクラシックなバーやプライベートイベントルームもあり。

お部屋からはニューヨークの象徴とも言われているエンパイアステートビルディングを観ることができました。

ホテル付近の街中を散策していると、カラフルな食器のお店が目に入ってきました。

お店の中に入ると、ユニークでオリジナル性のある食器に加え小物なども様々。目に入るもの全てが欲しいくらい可愛い品物が置いてあります。

なんとこちらのお店はニューヨークには唯一の店舗だそうです。

使うことがもったいないくらい可愛いものばかりで、いろいろと目移りをしましたが、キャンドル2つとカラフルな小物入れを購入。

あいにく日本への発送は不可なのでソーホーに言った際には是非立ち寄ってみてみてください。

********************
店舗名:MacKenzie-Childs – SoHo
住所:169 Spring St, New York, NY 10012, USA
ウェブサイト:https://www.mackenzie-childs.com/
キャンドル1つ $24USD
小物入れ $92USD
********************

セックスアンドザシティの舞台!

ソーホーから北へ20分程歩くとセックスアンドザシティーの主人公のケリーが住んでいた舞台となっているウエストヴィリッジと言うエリアにたどり着きました。

ブラウンストーンという、その名の通り茶色の石で造られた玄関でお洒落な家が並ぶ街並み中に隠れ家的なレストランを偶然発見しました。

お店は半地下にあり、表から見てもレストランだとわからないような雰囲気ですが、お店に中に入ると広々とした空間でバーエリアとダイニングエリアそして半個室のようなプライベードダイニングに分かれています。

お店はシックな雰囲気で、お料理は日本では味わえないような絶妙な味、そしてニューヨークならではのボリュームのあるサーモンエッグベネディクトをいただきました。

デザートは店員お勧めのチョコレートブラウニーに生クリームを添えたものを選びました。

リッチな口どけで口に広がる上質なテイストでこちらもぺろりと完食してしまいました。

こういったお洒落で隠れ家的なレストランやカフェがあるウエストヴィリッジはハリウッドスターにも人気があるそうです。

********************
店舗名:Bell Book & Candle
住所:141 W 10th St # A, New York, NY 10014, USA
ウェブサイト:http://bbandcnyc.com/
********************

ブルックリンブリッジを渡ってブルックリンへ!

その後マンハッタンからブルックリンブリッジを徒歩で渡りブルックリンに到着。

橋を降りて10分程歩いたところにマンハッタンのスカイラインを見渡せるダンボというエリアがあります。

芝生の上で寝転がっていたり、運動をしていたり、犬を散歩している人や観光で写真を取っている人など自由な公共の場としても有名な場所です。

マンハッタンブリッジは観光客があまりいない

ダンボからさらに10分程北に歩いたところにマンハッタンブリッジの入り口を発見しました。

こちらの橋は観光客の方はほぼ見かけませんでした。

通常はニューヨーカーの方が通勤でブルックリンからマンハッタンまで徒歩や自転車で利用する事が多いそうです。

マンハッタンブリッジの上から綺麗にブルックリンブリッジとマンハッタンのスカイランも見ることが出来ました。

夜のバーからタイムズスクエアを一望

その後、タイムススクエアの47ストリートと7アベニューにあるルネッサンスホテルのR Lounge at Two Times Squareというラウンジでお飲物を飲みながらネオンが輝く夜のタイムズスクエアを楽しみました。

ピンクを貴重としたレストランの空間はまさにカラフルなタイムズスクエアーに合った雰囲気でとても素敵でした。こちらのラウンジからタイムススクエアーを一望する事ができます。

窓側席は通常ホテルの宿泊者が優先になりますが、私が行った時は予約はせずにウオークインで入りましたが運良く空席がまだあった為、ウェイターさんが窓側席へとご案内してくれました。

このホテルのスイートルームから年越しのタイムズスクエアーのカウントダウンも見えるそうです。

バーやナイトクラブに行く際にID(身分証明書)の提示を求められることが多いです。

持っていないと中に入れないこともあるのでお気をつけください。

またドレスコードがありジーンズNGの場所もありセキュリティーに止められる事もあるのでウェブサイトから確認する事をお勧めいたします。

****************
ホテル名:R Lounge at Two Times Square (Renaissance New York Times Square Hotel館内)
住所:714 Seventh Avenue Two, New York, NY 10036
ウェブサイト:https://www.marriott.com/hotels/hotel-information/restaurant/nycrt-renaissance-new-york-times-square-hotel/?scid=bb1a189a-fec3-4d19-a255-54ba596febe2
****************

エリアによって個性が溢れるニューヨーク。道をふらりと歩いているだけで映画で観たことのあるシーンなどが目に飛び込んできます。

夢を持って集まったニューヨーカー達、そして街から溢れるエナジー。ニューヨーク旅行で私の人生観が変りました。

ニューヨークを一度も訪れた事のない人にお勧めいたします!

ニューヨーク現地の人について

フレンドリーでダイナミック且つ表現が豊かな人種が集まった街、ニューヨーク。ニューヨークカーは早歩きで忙しく少し冷たいという固定観念がありましたが、実際はとてもフレンドリーで親切な印象を受けました。

電車に乗っていた際に隣に座っていた女性から「この靴可愛いね!どこで買ったの?」と声をかけられました。そこから会話が弾み、親切にもニューヨークのお勧めスポットなども教えてくれました。

道などを訪ねた際には親切にお店の近くまで案内してくれたりなど忙しい中も親切に対応してくれるニューヨーカーは素晴らしいと思いました。

但し、間違った情報を提供されることもありますので1人ではなく数人の方に同じ質問をすることをお勧め致します。又、道を歩くと様々な場所で現地のダンサー、シンガー、アーティスト達がパフォーマンスをしていて自由に公共の場で自分を表現していることに気がつきました。やはり自由の国アメリカですね。

ニューヨークでの食事について

ブランチでサーモンエッグベネディクトを食べました。ウエストビリッジという高級住宅街の中に隠れ家的なレストランを偶然発見。

半地下にあり、表から見てもレストランだとわからないような雰囲気なのですが、お店に入ると広々とした空間でバーエリアとダイニングエリアそして半個室のようなプライベートダイニングスペースに分かれています。

お店はシックの雰囲気で、お料理は日本では味わえないような絶妙な味そしてニューヨークならではのボリュームたっぷりのサーモンエッグベネディクトをいただきました。

ニューヨーク旅行で注意する事

物は受け取らない

特にタイムズスクエアーの周辺でCDを渡してくることがあります。

「It is free (無料でCDをあげる)」と言って受け取ってしまうと、勝手にCDにサインをされ5ドルから10ドル後で徴収されます。

同様にタイムズスクエアーにいるキャラクターのぬいぐるみ着用や変装をしている人と写真を撮るとお金を徴収されますのでお気をつけください。

土日は地下鉄の運行が変わる!

土日(祝)はニューヨークの地下鉄は通常運行ではなくなる線がございます。(例)赤の1番線は平日は鈍行ですが土曜日は急行になっていた。乗車の前にプラットフォームにあるサインを見るか、駅員の方もしくは駅にいる方に確認した方が良いでしょう。

地下鉄は乗り放題のパスがおすすめ!

何処に行くにも便利で安価で効率よく旅行できる交通機関が地下鉄(MTA)です。一回の乗車ごとに$2.75USDがかかりますので、乗り放題のパスをお勧めします。

最短で1週間からのパスが購入可能で、地下鉄の他に公共のバスもこのパス1つ持っていたらニューヨークを周り放題です。

<以下2019年度の運賃>

7-Day Express Bus Plus MetroCard (1週間乗り放題パス) $33USD

30-Day Express Bus Plus MetroCard (1ヶ月乗り放題パス) $127USD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA