バリ島 旅行記ブログ 2019 スミニャック・ウブド・ヌサドゥアにも行きました!

今回は旦那さんと5泊6日でバリ島に旅行に行きました!

今回の旅の詳細

Kajiさんの旅行記
人数 大人2名(私と旦那)
時期 2019年4月下旬~5月上旬
滞在期間 5泊6日
航空会社 成田-仁川:エアソウル

仁川-バリ:ガルーダインドネシア

飛行時間 ・成田-仁川 2時間半

・仁川-バリ 7時間

今回は、節約をしたくてエアソウルを利用したのですが、エアソウルはLCCなので、無料預け入れ荷物が15キロと少なく、パッキングが大変でした。

1日目

空港に到着し、「Grab」を利用し、ホテルへ向かいました。ホテルに着くと、想像以上に広いお部屋でした。

食事へ行くため、ホテルのスタッフにお勧めのレストランを聞き、そちらへ向かいました。タクシーはホテルへ頼むと安心の「ブルーバードタクシー」を配車してくれます。

kasih villas and spa(ザ カシ ヴィラズ & スパ スミニャックバリ)に宿泊

とてもアットホームで快適なヴィラです。200平米ほどの広さでこの価格帯は中々ないと思います。スタッフの方々がフレンドリーで癒されました。

ホテルの詳細はこちら>>

お勧めしてもらったレストランはMade’s Warung(マデス ワルン)に行きました。半屋外でカジュアル、家族もたくさんいました。

https://www.madeswarung.com/seminyak

週末でしたが、予約不要で入ることが出来ました。インドネシアの料理は名前が難しいので、写真のメニューがあったのが助かりました。

頼んだのは、ナシゴレンとサテのセット、エビの炒め物、カニのスープです。

どれも癖がなくとてもおいしかったです。

2日目 ウブドへ

翌朝、プールの音で目が覚めます。

昨日は暗くてよく見えませんでしたが、室内のインテリアもとても素敵です。

この日は、カーチャーターをしていたので、9:00にお迎えに来てもらい、早速ウブドへ移動します。

wanna jungleプールクラブへ

まずついてのはkayon resort内にある、Wanna Jungle Pool and Bar。渓谷ビューが絶景のプールクラブです。

そこでチケットを購入し、遊びます。ブロンズ、シルバー、ゴールドとランクが決まっており、シートや使えるエリア、食べ物や飲み物が変わってきます。

ゴールドは事前予約しなくてはならないそうですが、早めについたので、ゴールドの席も空いており、プール脇のデイベッドを利用することが出来ました。

ランチは、アペタイザー、メイン、デザートの3つをオーダー出来るそうですが、デザートがいらなかったので、フィッシュアンドチップス、チキン、ピザを頼みました。どれもとても美味しかったです。

食べる場所も選べました。ドリンクは自分の席でもレストランでも頼めます。合計3杯ずつです。

そして、スパに移動します。行ったスパはSpa at Mayaです。こちらもウブドにあります。ただ、道が難しく、ドライバーさんにスパへ電話して誘導してもらうよう頼んだほうがいいかもしれません。私たちのドライバーは迷ってしまい、道も混んでいるので注意が必要です。

Wanna Jungle Pool Barの詳細>>

ディナーはインスタでチェックしていたお店へ

そして、夕飯は Mano beach house(マノ ビーチ ハウス)へ行きました。こちらは日本で予約して行きました。インスタグラムで見ていた、チーズのかかったフライがとても美味しかったです。

mde

マノ ビーチ ハウスの詳細>>

この日は、カーチャーターに頼んですべての場所を回ってもらったのですが、時間的に結構きつかったです。ウブドへの往復も渋滞があるので、考慮しないと、ディナーへ遅れてしまいます。

3日目 レンボンガン島のツアー

3日目は、レンボンガン島のツアーへ行きました。朝の7:30頃にお迎えに来てもらい、バリハイクルーズの大型クルーズ船で向かいました。

船内でコーヒーやマフィンをもらえたり、デッキではバンド演奏があったりと島へ行くまでも楽しめました。

到着すると、アクティビティの説明があり、集合場所や時間が伝えられます。万が一聞き逃しても、掲示板があるのでそこを確認すれば大丈夫です。

私たちはシュノーケルや、バナナボート(スピードはちょっと遅め!?)島内散策などを楽しみました。

ランチはブッフェ形式で、ここでも、バンドの方の生演奏がありました。

帰りも同じクルーズ船で帰りましたが、とても揺れました!!私たちは大丈夫でしたが、気分が悪くなっている方もいたので、船酔いしやすい方は、クルーズのツアーよりスピードボートのツアーの方がいいかもしれません。

ディナーはホテルスタッフのおすすめのお店へ

帰って、シャワーを浴び、サンセットを拝みがてら早めの夕食です。ビーチ沿いにある、Mozzarella By The Sea(モッツァレラ バイ ザ シー)へ行きました。ここもホテルスタッフにお勧めしてもらいました。はずれがないです!

こってりのイタリアンで、事前情報で見ていたチーズのパスタを頼みました。とてもおいしかったです。

モッツァレラ バイ ザ シーの詳細>>

4日目 ヌサドゥアエリアへ移動

4日目は、チェックアウトです。午前中の時間でホテル内でスパをしてもらいました。ウェルカムチケットで頂いた無料分を延長しても2000円くらいだったと思います。とても快適でした。

次のホテルへ移動します。ヌサドゥアエリアのムリアリゾートです。

ヌサドゥアエリアはクタやスミニャックの景色とは一転、違う国に来たかと思うくらい雰囲気が違います。

ムリアリゾートへ宿泊

インターネットでは超高級、というランク付けですが、2泊で5万円台とそこまで高くはなかったです。施設がゴージャスでゆっくり出来ました。ホテルから外に出ず、おこもりステイを楽しみたい方にお勧めです!

ホテルの詳細はこちら>>

早速プールを満喫。

朝ごはんでメインレストランを使えるので、夕飯は、中華料理にしました。外からもこのレストラン目当てでくる方も多いらしく、とても美味しかったです。

5日目

朝一番でヨガをしました。無料のアクティビティも豊富なので飽きません。かなり人数が多く、込み合っていました。

朝ごはんを食べて、プールで泳ぎます。

ランチはプールサイドでタイ料理を頼みました。インドネシア料理だけでなくいろんなエスニックフードが楽しめていいですね。そしてこのトムヤムクンが衝撃的に美味しかったです。

シャワーを浴びて、夕飯まで時間があるので、ホテル内を散策すると絶景スポットがありました。

ここで、アフタヌーンティーを頂きます。この景色とスイーツ・アペタイザー、飲み物を飲み放題で2000円くらいでした。この価格設定はこのホテルにしては破格だと思います!!!

夕飯は日本食のブッフェにしました。ただ食べ過ぎて全然おなかに入りませんでした。鉄板焼きや天ぷらもあって種類はかなり豊富でした。

6日目

最終日です。ムリアリゾートはプールが5つもあるので、いろんな景色を楽しめます。

このホテルにステイしている間はほとんどプールのビーチベッドか、プールバーで過ごしていました。ゆっくりするのが好きな人にはたまらない時間ですね。

チェックアウトしても、プールやシャワーを使うことが出来るというので、14時ころまで居ました。ランチはベトナム風の焼きそば!これもとんでもなく美味しかったです。ビーチベッドの席にレストランの料理を運んできてくれます。

シャワーを浴び、ブルーバードアプリで手配したタクシーでクタへ向かいます。深夜便なので念のためホテルを予約しましたが、ほぼ部屋をつかうことはなかったのでムダ金になってしまいました。。。

バリからの帰りはほぼ深夜便になると思うので、デイユース等を検討する方も多いと思います。

滞在時間を考えてあまり長時間居ないようなら格安のホテルでもよいかと思います。

 

モールや、薬局でお土産を大量買いし、ラスト街スパへ行って空港へ向かいました。

とても充実した旅行でした。

バリ人について

ホテルのスタッフはどちらのホテルもとてもフレンドリーで感じがよかったです。

空港にいるタクシーの客引きはとてもしつこいです。クタやスミニャックの露店のお土産屋さんもかなりしつこかったので旅慣れていない方だと辟易してしまうかもしれません。

バリで食べた料理について

ナシゴレン

ベーシックなインドネシア料理です。チャーハンのような味付けで癖がなく日本人が好みの味でした。とても美味しかったです。

ピサンゴレン

バナナを挙げたデザートです。ホテルの朝食で出てきました。甘味が強くおなかにたまります。日本で食べたことがないのではまりました。

バリ旅行の注意点やアドバイス

交通事情について Grabを使うと便利で安い

空港からホテルへ向かう際には、ブルーバードタクシーが乗り入れ出来ないエリアなので、「Grab」という、ウーバーのような配車アプリを使用しました。

アプリ上で運転手と連絡を取り、空港の向かいの駐車場で落ち合い、アプリ上で決済します。価格も事前にわかっているのでぼったくられる心配がなく安心して使えました。

他のエリアでは主に、ブルーバードタクシーの配車アプリを利用していました。

流しのタクシーを使うことは一度もありませんでした。

ウブドエリアへの観光は日本から、カーチャーターを申し込んで行ったので、複数個所を7000円程で回ってもらうことが出来、コスパは良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA