2019イタリア・ローマ、フィレンツェ、ヴェネチアの旅行記

旦那さんと2人でイタリア旅行に行きました!ローマ、フィレンツェ、ヴェネチアを回った6泊8日の旅行記です。

キリンさんの旅行記
人数 大人2名(男女)
時期 7月前半(夏)
滞在期間 6泊8日
航空会社 カタール航空
フライトの感想 アメニティー付きな所がよかったです。フライト時間が羽田→ドーハが12時間かかるので寒さと乾燥対策が必須ですが、アメニティーの靴下、特にリップが大活躍。

1日目 ローマ、フィウミチーノ空港着

荷物をピックアップして、ホテルへ。

ノードヌオヴァローマホテル(ALBERGO NORD NUOVA ROMA)に宿泊

テルミニ駅から徒歩5分

駅から近く、石畳の多いイタリアでは、スーツケースを持っての移動が楽でした。スタッフも親切で片言の英語にも優しく対応して頂けました。

朝食の種類が多く美味しかったです。設備も整っていて水周りも清潔です。

ホテルの詳細はこちら>>

部屋は広く今回泊まったホテルの中では一番良かったです。

まずはサンタ・マリア・デッラ教会へ

この素晴らしい彫刻を無料で見れるなんて、さすが観光大国。

地図アプリがうまく作動しなかったので、地図を頼りにどうにか

スペイン広場へ到着。

人人人。

人をかき分け写真を撮るのに一苦労。

※ここではバラを持った人がいますが、渡されても受け取らないように。

お金を請求されます。

念願のピスタチオジェラート

この後は、暑さにやられて適当な近くのレストランに。

アマトリチャーナは酸っぱく、生ハムはカッピカピでした。

大失敗。

ホテルに戻り少し休んで、テルミニ駅地下一階にあるスーパーマケットSAPORI DINTORINI CONADでお土産を物色。

スーパー大好き。必ず海外にきたらスーパーに行きます。

一番テンション上がる時かもしれません。

お目当ての歯磨き粉がセールでさらに安くなっていたので、大量買い。

ばら撒き土産用に15本くらい購入

あと、2リットルサイズの水を購入。

水は大事!

夜中突然水が出なくなり、翌朝フロントに問い合わせしたら「全室水が出ないけど午後には復旧すると思うよ」とザ・イタリアな回答でした。

エレベータで一緒になったご夫婦は、シャワーの途中で突然水が出なくなりアワアワのまま寝たそうです。ボディシートも必須ですね・・・。

2日目

ホテルで朝食をとりトイレを借りにテルミニ駅へ。

20年前学生の時に訪れたカフェがそのまま残っていて感動!

駅のトイレは有料なので1ユーロかかります。

事前予約をしておいたバチカン美術館へ。

12時半から予約をしていたので、ちょっと早めに着いて周りをプラプラ観光でもしようと思っていたら、途中にKIKO(日本未上陸イタリアのプチプラコスメ)を発見。

セールでアイシャドウとリップを購入。

二つで1400円くらい。

もっと買っておけばよかった。

ここまではルンルンでしたが、この後一番の後悔する出来事が。

バチカン付近を歩いていると、よく観光地にいるボランティアスタッフのような人に声をかけられて、チケット見せてと言われ、素直に見せたら「これは全て入場できるチケットではないよ。今なら事務所ですぐチケット買えるから」と言われ怪しいと思いつつも付いていき、長蛇の列を見た焦りから言われるがままチケットを買ってしまいました。

多分、美術館の窓口に行けばちゃんと買えたと思います。

高い授業料を払ってしまいました。

なんだかんだで予定時刻通り館内へ。

目に入る全てが素晴らしかったです。

システィーナ礼拝堂は天井画を隅々まで見ようと首が痛くなりました。

じっくり楽しみたいのなら、オペラグラスを持参する事をお勧めします。

サン・ピエトロ大聖堂へ。

その後コロッセオへ

暑さと疲れで、外から眺めて終わり。

この日の夜ご飯は失敗しないようにネットで調べたお店へ

ここでの食事は美味しく、接客もフレンドリーで大満足です。

ラテアートもどきのスマイルマーク

3日目

ローマからフィレンツェへ電車で移動

予定の発車時刻より30分ほど遅れての発車。

イタリアの田舎の風景を楽しみながら一時間半ほどでサンタ・マリア・ノヴェッラ駅へ到着。

サンジョルジョ&オリンピックに宿泊

サンタマリアノヴェッラ駅から徒歩5分

こちらも駅から近く、帰り道は駅に向かえば迷うことがなく、方向音痴には助かりました。部屋は冷蔵庫がなく、ベットとテレビと棚のシンプルな作りです。カードキーではなく真鍮の昔ながらの重い鍵でした。朝食はあまり種類がありませんが、何故かヨーグルトは種類が豊富です。

ホテルの詳細はこちら>>

荷物を置いて早速、ドーモへ。

この日も暑くて水、サングラスは必須。

フィレンツェはローマに比べるとちょっと片田舎的雰囲気。

ここでも地図アプリが使えなかったので、地図片手にうろちょろ。

大きな広場にでたらドーン!とドーモが

外観だけですでに感動。

事前にネットでわざと絵を踏ませて、法外なお金をだまし取る事件が多発しているとの情報を見て知っていたのですが、旦那がまさに上を見ながら歩いていると絵を踏まされ「100ユーロ払え!」と脅されていました。

もちろん無視しましたが、しばらくの間後ろからついてきて「払え!払え!」と言ってきました。

もし、踏んでしまったとしても一切無視です。

ベッキオ橋へ。

車と人でごったがえしてました。

4日目

朝ごはんを食べたらすぐメディチ家礼拝堂へ

予約なしでしたが、並ぶことなくはいれました。

メディチ家最後の継承者マリアさん

ミケランジェロのデッザン

本物ならではの迫力に圧倒されました。

その後はウィフィッツ美術館へ

事前にチケットを購入していたので並ばず入場。

オーディオガイドを借りるため、パスポートを預けました。

ちょっと不安でしたが、返却時にちゃんと返してもらえます。

よーく見ると描きかけの足・・・。

ここも素晴らしいものばかりで3時間程歩きっぱなし。

教科書レベルの絵がゴロゴロあってずっと興奮していました。

シニョリーア広場でお茶タイム。

疲れた体に程よい甘さがおいしかった。

夜ご飯は適当に入ったお店なので場所はもうわからないのですが

イタリア旅行で一番美味しかった!

美味しくて写真撮るのを忘れて食べてしまいました。

5日目

フィレンツェからヴェネチアへ電車で移動

2時間ほどで到着

ヴェネチアは物価がとにかく高い!

ローマでほぼお土産を買っておいてよかった。

エスペリアホテル(Hesperia)に宿泊

サンタルチア駅から徒歩5分

駅から船に乗らず徒歩で移動できたので楽でした。

エレベータがないのでスーツケースを運ぶのは大変でしたが、部屋はロフト付きで広く、綺麗に掃除されていて過ごしやすかったです。

朝食は種類少なめです。中2階があるタイプの部屋でこじんまりとしているけど、冷蔵庫もあるし窓を開けるとすぐ運河が見えて朝荷物を運ぶ船や夜景が楽しめます。

こちらのホテルも鍵が真鍮。

お昼を食べに近くのレストランへ。

いく先々のお店には美味しそうなスイーツが。

運河を眺めながらボンゴレパスタを。

まあまあ美味しかったですが、前日食べたパスタがやっぱりおいしい。

ヴェネチアもふらっと入った教会が素晴らしかったです。

ただ、行きたかったサンマルコ広場は行けませんでした。

船ではなく、徒歩で行ったのが失敗。暑くてたどり着く前に断念。

もうそれだけが心残りです。

ヴェネチアは小さい町なので、日帰りでもいいくらいかなと思います。

6日目

駅からバスに乗って空港へ

ドーハを経由して羽田着。

とにかく日差しとの戦いでした。

この時期に行かれる方は水と帽子とサングラスは必須です。

ふらっと入った協会が実は有名な彫刻が置いてあったり、とにかくどこを歩いていても歴史ある素晴らしい建物ばかりで、歴史好き、美術好きの人にはたまらない国だとおもいます。

イタリア旅行の注意点とアドバイス

全体的に楽しめた旅でしたが、やはり観光大国ならではトラブルがありました。

踏み絵詐欺に気を付けてください

ドーモ近くで上を見て歩いている時、足元へ絵を置いて踏ませ、お金を請求してきます>>一切無視でOKです。しつこく追ってきたら「ポリス!」と叫びましょう。違法行為をしている彼らはすぐ逃げます。

ボランティアスタッフに見せかける詐欺

バチカン美術館付近で、列に並ばなくてもすぐに買えるからと高い手数料を含んだチケットを売りつけられる

事務所についてきてと言われた時点で無視しましょう。彼らはさほどしつこくはないです。

駅の切符購入詐欺

買い方がわからず戸惑っていると、すっと脇にきて買い方を教えてくれますが、大きい札で買って、切符とお釣りを渡してきますが見えないところでお釣りをくすねてます。自動機ではなく駅員がいる窓口で購入しましょう。

変圧器は不要

iPhoneとAndroidの充電器で大丈夫でした。接続が悪い時はテレビのUSBに直接繋いで充電しました。

オペラグラスがあると美術館がさらに楽しめる

システィーナ礼拝堂や天井画をじっくり見たいアート好きな人にオススメです。筆使いや色の混ざり具合などが楽しめます。

イタリア人について

イタリア人は印象の通り明るくフレンドリーでした。朝食の時間になっても準備ができていなかったり、ホテルの水が出なくても慌てることなく対応して細かい事は気にせずおおらかで、神経質な日本人からすると羨ましい限りす。

イタリアで食べた料理について

本的にパスタとピザとティラミスばかり食べていた気がします。

お店により味が全く違って、お気に入りを見つけたらそこに通った方が失敗がないような気がします。まずいお店は本当にひどかったので。食後のコーヒーはどのお店も美味しかったです。ホテルの朝食時もポットではなく、一人ずつ入れてくれてテーブルまで持ってきてくれます。さすが本場の国という感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA