オーストラリア シドニーに短期留学!観光旅行記ブログ

オーストラリア シドニー旅行記

私は今年の9月の1カ月間、短期留学としてオーストラリアのシドニーに行きました。留学なので英語の勉強ばかりかと思われがちですが、フリーの時間も多いので現地の友達とシドニーを観光しました。

 

私たちは羽田空港からカンタス航空でシドニー空港に向かいました。飛行機に乗っている時間は約10時間でした。夜に出発して朝に到着したので7時間くらいは寝ていきました。また海外に行く飛行機では映画を見れるので快適に過ごせました。

 

ちなみに私は、ズートピアとバクマンを見ていきました。飛行機の機内サービスは可もなく不可もなくといったような印象です。

 

シドニーと日本は経度があまり変わらないので時差はたったの1時間でした。

 

1時間の時差は、まったく時差ボケになりません。私は大学の仲間と飛行機に乗っていったので、楽しくてあっという間にシドニーにつきました。

 

シドニーと日本は季節がちょうど反対なので、8月は冬でした。でも冬といってもシドニーの冬は日本の冬ほど寒くないのでちょうどい気候で最高でした!

オーストラリア シドニー旅行記

ちなみに29日間オーストラリアに滞在していて、雨が降ったのはトータルでたったの2時間くらいでした。ほぼ毎日が雲一つない快晴でとにかく気持ちよかったです。私のプログラムは平日は午前中だけ授業で、午後はフリー。

 

休日は土日ともにフリーでした。なのでシドニーで有名な観光地はいくつか行ってきました。まず、最も有名なオペラハウスについて説明します。オペラハウスはフェリーに乗っていきました。

オーストラリア シドニー旅行記

そこまで行く過程も楽しめます。オペラハウスでは飲食店がいくつかあったり、お土産屋があったりと満足でした。個人的な感想ですが、オペラハウスについたとき、オペラハウスに来たという実感がわかず、なんとなくぼーっとしてしまうような穏やかな場所でした。

 

次に説明するのは、動物園・水族館です。当然目玉はコアラやカンガルーです。基本的には日本の動物園や水族館と似たような感じでした。コアラやカンガルーはやっぱりかわいくて、最高でした。

オーストラリア シドニー旅行記 オーストラリア シドニー旅行記

水族館ではペンギンが何匹もいて思わず何枚も写真を撮ってしまいました。次に説明するのはボンダイビーチです。

 

現地のオーストラリア人の中にはごみが多いなど批判をする人もいましたが、大きくて素敵なところでした。私が行ったときは凧揚げ大会なども行っていたのでそれも楽しめました。当然冬なので泳ぐことはできませんでした。

オーストラリア シドニー旅行記

でもサーフィンが盛んで多くのサーファーがいました。次に説明するのはブルーマウンテンです。登山だと思っていましたがほとんど車での行動でした。ブルーマウンテンには3人の姉妹の物語にちなんだ3つの岩があります。

オーストラリア シドニー旅行記

景色もきれいであまり疲れないのでお勧めです。また、そこには野生のカンガルーが何匹かいるので、日本では非現実的すぎて感動しました。

 

次に説明するのはシドニーの街についてです。大都市といっても東京のように人であふれかえっているわけではなく、閑静で、素敵で、ワイルドな街です。シドニーにはフィッシュマーケットや古着屋、ショッピングモールなど多くの買い物ができるところがあるのでとてもたのしめます。

オーストラリア シドニー旅行記

シドニーは大都市なのにブッシュ、いわゆる森がたくさんあります。そのブッシュの中を歩くのも一つの楽しみです。

 

とにかくシドニーは落ち着いていて、危険な犯罪などとは無縁の街なのではないだろうかと思ってしまうほどでした。また、オーストラリア人はとにかくジェントルばかりです。

 

1番感激したのは、バスに乗るときにベビーカーをもって乗車しようとしている女性がいると3人くらい近くにいた方々が男女関係なく寄って行ったことでした。

 

そのほかにも聞いたらしっかり優しく答えてくれるし、困ったそぶりを見せると気にかけてくれます。ここまで良い面ばかり書いてきましたが、少し悪いこともありました。

 

なんといってもシドニーは物価が高いです。例えば普通の500mlの水が約350円します。そのほかの商品も日本に比べると高いので気を付けないとすぐに破産します。

 

このこともあって、もしかしたら落ち着いた街なのかもしれません。次に現地での言語について話します。

 

私は英語が話せるから留学に行ったわけではなく、英語を話せるようになるために留学に行ったので英語のレベルは標準的な大学生と変わりはありません。

 

現地にはアジア人がたくさんいますが、やはり韓国や中国の方が多いので日本語を話せる方はそれほど多くはいません。なのである程度の英語力は必要です。でも、オーストラリア人は優しいので、カタコトでも尋ねれば親身になって聞いてくれます。

 

また個人的にウォシュレットがないのが大変でした。でも、オーストラリアは先進国なのでほとんどは困ることがありません。買いたいものはほぼなんでも買えます。

 

とにかくオーストラリアは期待を裏切らない良い街です。1か月後に帰るときにはほんとにさみしかったです。もっと長くいたいと心から思いました。そんな飽きない素敵な街でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA