香港のディズニーランドを満喫!女子旅行記ブログ!

まず最初におすすめしたい香港のスポットは、「香港ディズニーランド」です。

口コミなどでは悪い評判も目立ちますが、私はとても楽しめました。行く価値は十分にあると思います。

香港ディズニーランドの行き方

香港ディズニーランドですが、ランタオ島というところに位置します。

市内からはメトロで行くことがでいますが、割と中心地からは離れたところにあり、「ディズニーランド・リゾート駅」というところで下車するようになっています。

香港のディズニーランド旅行記

入って最初に驚くのが、色使いが独特の、お花で作られたミッキーです。

一瞬、本物のディズニーランドか疑ってしまうような、日本でおなじみのディズニーの世界観とは違ったもので楽しめます。

香港のディズニーランド

それだけではありません。日本では想像できないような「お城」にはびっくりします。世界中のディズニーリゾートの中で、一番クオリティが低いといえます。さすが中国!と驚きます。

香港のディズニーランド旅行記

香港ディズニーのおすすめポイントは、グリーティングが充実していることです。

日本では結構並ぶグリーティングですが、香港では15分程度でキャラクターに会うことができ、かつ写真もとれました。

しかしキャラクターの休憩が多く、しばしば列がすすみませんでした。

グリーティングの醍醐味は、なんといってもチャイナ服を着たキャラクターと写真がとれることです。

チャイナ服を着たキャラクターとは、中国風の東屋の下で写真をとることができますので、とても趣があります。

香港のディズニーランド旅行記

アトラクションは多いとはいえませんが、十分に楽しめます。

トイストーリーのエリアはよく作り込まれていてフォトジェニックなスポットでした。

香港のディズニーランド旅行記

絶対おすすめ!ライオンキングのショー

そして、外せないアトラクションがライオンキングのショーです。

これがとても本格的で感動できます。時間を併せて絶対見ることをおすすめします。

加えて、ジャングルクルーズも楽しめます。日本にはないあっと驚く仕掛けがあり、エキサイティングでした。

お昼はパーク内のレストランで飲茶を食べることができます。かわいいミッキーのまんじゅうなどは絶対食べてほしいおススメの食事です。

香港のディズニーランド旅行記

パークは開演から4時ぐらいまでで十分楽しめるので、それ以降は市内に戻って、百万ドルの夜景観賞をおすすめします。

なお、パーク内は中国語と英語が使われており、ビジターはアトラクション時に希望の列に並ぶようになっています。

夜景観賞!シンフォニー・オブ・ライツに感動

夜景観賞で絶対にはずせないエリアは、ヴィクトリア・ハーバーで行われる「シンフォニー・オブ・ライツ」です。

8時から10分程度行われ、光と音で香港の夜景を楽しむことができ、なんとギネスにも認定されています。

立ち見でみますが、かなり込みます。早めに場所を確保することをおすすめします。

夜景はとてもきれいですが、私は正直ショーよりも夜景単体の方が楽しめました。

ショーは割と大きな音で行われます。

香港のディズニーランド旅行記

パンダバスのツアーで香港の夜景を堪能

ショーのあとは、パンダバスのツアーを申し込んでいたこと、そして出発までの時間が15分くらいしかなかったことから、ショーの鑑賞客で混む前に移動しました。

このツアーは2階建てバスでネオン街をめぐるというもので、ネオン看板の下を走り抜ける、香港ならではのツアーです。

手が届くくらいに看板がみえるので、とてもスリリングです。

香港観光旅行記

添乗員さんが車内で写真も撮ってくれます。お値段は少ししますが、絶対おすすめしたいアトラクションです。

観光後はホテルに帰り1日終了しました。

2日目 香港市内を観光

最終日はアフタヌーンティーを楽しみにホテルへ。

アフタヌーンティーは値段がするものですが、香港も同様です。

ですが、少し名前が有名でないホテルのものなどは安いうえにクオリティも確保されているのでおススメです。

現地のセレブ達も沢山いました。

香港観光旅行記

香港料理でおすすめしたいのが、香港の朝ごはんです。

面白いのが、香港の朝ごはんは飲茶を積んだカートで席まで店員さんが回ってきてくれて、注文するスタイルのものがあります。

実際に席で飲茶の鍋の蓋を開けてくれるので、その中の飲茶が食べたければ注文し、いらなければノーと伝えて下げてもらいます。

注文方法がなかなか難しいですが、香港ならではなのでぜひトライしてみてください。

 

加えて、香港市民は朝からお粥を食べることが多く、香港のお粥はとてもおいしいです。

お肉がのったものからアワビがのったものまでバラエティに富んでいるので、ぜひお気に入りをみつけてみてください。

香港観光旅行記

そのほか、香港の街歩きも十分に楽しめます。

化粧品などが安いお店も沢山あるので、バラマキ土産なども購入しやすいです。

かわいい雑貨や洋服などもあります。「SASA(ササ)」というコスメの大型チェーン店は市内のどこにでもあります。

また、市内の屋台やお店で買える香港スイーツもおいしいのでためしてみてください。

ポルトガルの植民地だったことから、エッグタルトも絶品です。ぜひ焼き立てをどうぞ。

そして、スーパーのインスタントミルクティーはお土産に最適。本場のミルクティーが楽しめます。

 

美食で観光地も沢山ある香港、日本から近いことやLCCが就航していることもあり、比較的安価で訪れることができます。

それにもかかわらず異国情緒たっぷりな、衣食住が満たされる魅惑の国です。

宿泊したホテルについて

M1 NORTH POINT HOTEL というホテルに宿泊しました。

立地は北角にあり、徒歩圏内にはショップや飲食店も多くて便利でした。

しかし、香港のホテルはとても高層建てになっていて、かなり狭いことが特徴です。

このホテルもとても狭く、スーツケースを広げられないくらいでした。

雑居ビルのような感じなので、壁などは薄かったです。

香港のホテルは有名ホテルに泊まらないかぎり、「眠るだけ」といった感じです。

現地の人について思った事

すべてぶっきらぼうな感じです。

香港ディズニーのキャストさんにも笑顔はありませんし、飲食店で注文の仕方がわからなくても、丁寧にレクチャーしてくれる感じではありません。

それどころか、こちらから聞きに行ってもあまり丁寧には教えてくれません。

しかし悪い人たちではなく、邪見にされるなど嫌な思いをすることはありません。

英語が通じる人はすくない印象でした。

現地の料理について

香港の料理はとにかくおいしいです。どこで食べても、ふらっと入った町の飲食店でもおいしいものが食べられます。

特に「お粥」は香港や中国ならではなので、朝ごはんにおすすめします。

また、忘れてはならないのが「アフタヌーンティー」です。

イギリスの植民地であったことから、とても本格的おしゃれなアフタヌーンティーが楽しめます。

旅行をしていて気になった事

ホテルの部屋がとにかく狭い

大きいスーツケースはもっていかない方がベターです。

衛生状態が悪い

また、屋台の料理はとてもおいしいですが、衛生状態が悪いものもあり、人によってはお腹を壊します。加熱したものを食べたり、お水は絶対に購入したものを飲むなど、自分で気を付けた方が良いと思います。胃薬の用意も必要です。

夜歩きは注意!

スリなどにはあまりなく、また夜も人通りが多いですが、メイン通りを外れた道などは、夜に歩かないようにしましょう。夜まで騒いでいる地元の若者も多いので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA