ベルギーブリュッセル・アントワープを巡る観光旅行記ブログ

ベルギーでは

1日目:ブリュージュ観光

空港についてすぐ、ブリュージュという町に向かいました。こちらはいわゆる地方都市。なんでも、キリスト教の修道会発祥の地らしく、修道院と鐘楼が世界遺産になっているとか。

森の中にレンガ造りのかわいい修道院がぽつぽつと点在しています。確かにきれい!

また、町の小さな美術館があり、美術館巡りが好きな私はふらりと立ち寄ったのですが、なんと、北方ルネサンスの創始者、ヒエロニムス=ボスの「最後の審判」が!私、ボスの絵は特別に好きだったので感激です。

よくよく考えてみると、この辺りはフランドル地方と呼ばれている土地で、ボスのほかにも、ルーベンス、ベラスケス、ブリューゲルなど、北方ルネサンスを代表する画家たちの故郷なのです!これらの画家の絵はこの後も出てきます。

そのまま夕方にホテルへ向かい、この日の観光は終了。

2日目:アントワープ&ゲント観光

さて、二日目の朝はアントワープです。日本人なら誰でも知っている「フランダースの犬」の舞台となった町です。こちらは昨日のブリュージュより立派な感じがします。建物の背の高さが高い。港町なので発展してきたのでしょうか。

町の中には、フランダースの最後に主人公と愛犬がどうしても見たかったイエスキリストの絵を見て天に召される場面のあの協会があります。

もちろん絵もあります!こちらがその絵、ピーテル=ルーベンス作「キリストの昇架、降架」筋骨隆々のルーベンスらしい大作でした。

ちなみに、フランダースの犬の主人公ネロとパトラッシュの像があったのですが、思っていたのと全然違いました・・・

ゲント観光

午後に訪れたのはゲントという町です。ベルギービールとベルギーワッフルと黄金の子牛という絵の町です。私、ビールとスイーツが大好きなので、とても楽しみです。

まずは腹ごしらえ。普通のレストランで普通のパスタを食べた後、ベルギーワッフル専門店へ。

私が訪れたお店は、ベルギーワッフル発祥の店らしいです。さっそくワッフルをオーダー。ワッフル単品で12ユーロでした。高い・・・こちらがそのワッフルです。

確かに12ユーロとるだけのことはありました!日本のワッフルに比べてサクサクで食感が軽いです。そこに上品な甘さの粉砂糖と、濃厚なバニラアイス、芳醇な香りのメープルシロップが相まって最高のハーモニーでした。

さて、続いてはビールのお店へ。この町の名物ビールがあるのだとか。こちらがそのビールです。

でかいです。高さ50センチ以上はあります1.3リットルです。何故こんな妙なものが生まれたかというと、その昔、この町に住んでいた貴族が、乗馬をしながらビールが飲みたくなったそうです。

そこで、馬に乗ったままでも手が届くほど背の高いグラスが作られたのだとか。

いつしかそのグラスは町の名物になりました。ところが1.3リットルのビール。まあまあ酔っ払います。

酔っ払ってお金を払わなくなる人も続出したとかで、それを防ぐためにこの店ではお客さんの靴を片方預かるルールがあります靴を人質に取るわけです。観光客の私も当然とられました(笑)

さて、注文のビールが届くと、周りの現地人らしきお客さんたちがこちらを見てクスクスしています。どうやらこのビールを注文するのは観光客だけのようですね。

周りの好奇の視線に恥ずかしさを覚えつつ、一口。なんだこれ。黒ビールなのに、何という飲みやすさ。

それでいてコクがあり、まろやかな味。黒ビール独特の癖がまったくありません。しかし、あっさりしすぎているわけではなく、しっかりと飲みごたえがあります。

これはいくらでも飲めるぞと、思い、飲むこと30分であっという間に空にしてしまいました。ちなみにゲントの町並みはこのような感じです。

おいしいビールでホロ酔いになり、ブリュッセルへのバスへ乗り込み走ること一時間、ひどい渋滞に巻き込まれて3時間ほど車に揺られました。そこで異変が。すごく気持ち悪いのです。

間違いなく飲みすぎですね(笑)訪れる方は、ベルギービール、おいしいからといって飲みすぎにはご注意ください。

ブリュッセル観光

さて、夜のブリュッセルにつきました。まずは夕飯(食べてばかりですね)。ムール貝のワイン蒸しと、牛肉のビール煮込みをオーダー。

ムール貝は普通でしたが、ビール煮込みはおいしい!ビーフストロガノフをもっとホロホロにして、甘さを抑えた感じです。白米が食べたくなります。

お腹いっぱいになり外に出るとびっくり、先ほどと景色が一変しているのです。完全に日が落ち、広場の建物がライトアップされています。

これは美しい。ヨーロッパの夜の町並みというと大概きれいなものなのですが、これは格別。これほどしっかりライトアップされている町に初めて出会いました。

3日目 グランビガール城を観光

さて、早くも帰国の日です。午前中だけ観光です。ブリュッセル近郊のグランビガール城というところに行ってきました。

城といっても小さい教会のような建物にお花畑が付いているような場所です。

時期的に見頃だったので、チューリップがそれはもうきれいでした。お城の中には入れませんでしたが、一部が聖堂になっており、そのなかは見学できました。

こちらにもチューリップが飾られていてなんともかわいかったです。そして帰国の途につきました。

いかがでしたか?美食と美術の国ベルギー、そのどちらかにご興味のある方はぜひ一度訪れてみては?そうそう、ベルギーと言えばチョコレートですが、私、何も触れていませんがちゃんと食べました。

ゴディバとレオニダス。私はレオニダスの方が好みでした。ゴディバよりしっかり甘い感じです。チョコ好きの方は是非お試しください。

宿泊したホテル(Husa President Park)について

Husa President Park(ホテル ウサ プレジデント パーク)というホテルに宿泊しました。

ブリュッセル北駅より徒歩5分ほどの距離に立地していてとても便利です。ブリュッセル北駅自体は繁華街ではないので、何もありませんが、その分静かで、なおかつ繁華街の方までアクセスが電車で10分ほどなので、とてもよかったです。ホテル自体のクオリティは、可もなく不可もなく、ヨーロッパの中級ホテルというところです。部屋の設備やサービスで特に不自由を感じることはありませんでした。

現地の人について思った事感想

こちらも他のヨーロッパ諸国と変わらず、大変親切で愛想が良い方たちばかりだったと思います。特別いやな思いをしたということもありませんでした。余談ですが、ベルギーはフランスとオランダに支配されていた時代が長いので公用語もフランス語とオランダ語があり、バスなどの公共の設備には必ずその二ヶ国語で案内がありました。もちろん、現地の人は二ヶ国語を話せます。すごいです。

現地の料理について

いろいろたくさん食べました!ワッフル、チョコレート、ビール、ソーセージ、牛肉のビール煮込み、バケツ入りムール貝のワイン蒸しなど。最後の2つはベルギー名物料理だそうです。どれもとてもおいしかったです。ベルギーはカトリックの国なので、食文化もとても豊かになったそうですよ。

旅行をしていて気になった事

治安は比較的良い

少なくともフランスやイギリスなどの国よりとても良いです。なので、通常の海外旅行に行く際に当たり前に気をつけること(財布をポケットに入れない、現金は分散するetc)に注意すれば問題ないと思います。

日没が遅い

強いて注意点をあげるなら、滞在したのは4月だったのですが、日没が非常に遅いことです。午後7時くらいでもまだ日暮れというような感じです。

サマータイムが導入されるタイミングの前だったからでしょうか?とにかく、空模様を見て時間を判断すると日本の感覚と3時間ほどずれがあるのでお気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA