スウェーデン ストックホルムのおすすめモデルコースを巡った旅行記ブログ

 

1日目:ソレンツナショッピングモール&IKEA

空港について今回は先にチェックイン。ヒルトンホテルへ向かいます。空港から大体一時間くらいです。お昼御飯はスルッセン駅前のンシンバーガー屋さん。これ、とてもおいしいです。先ほども書きましたが、北欧料理って味気ないものが多いんですよね。

そんな中こちらは大層おいしかったです。ニシンの酢漬けがフライされていて、タルタルがかかっています。フィッシュバーガーですね。

腹ごしらえが済み、まずは少し郊外のショッピングモールへ。今ストックホルムにあるモールの中で比較的新しいところだそうです。友人が行きたいというので、行ってみました。

こう言っては何ですが、まあ、普通のショッピングモールです(笑)ただ、日本よりスケールは大きいですね。特筆すべきことはありませんでした。

続いて行ったのはIKEAです。スウェーデンといえばIKEAを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか!

こちらは日本に比べてとても大きいです。広すぎて何がどこにあるのか把握できません。ちなみに、写真のIKEAはなんと第一号店だそうです。さて、折角来たので、何か第一号店限定品的なものを購入しようと思い、店員さんに尋ねてみました。

すると、なんと、ひとつのアイテムを除く、すべての取扱商品は全世界共通なのだそうです。つまり日本でも全部買えるんですね。うれしいような残念なような。

で、そのひとつのアイテムなのですが、このお店がある町の名前が印字されたお盆でした。何の変哲もないお盆である上にすごく大きくて重いので、こちらは断念。

さて、夕食はホテル近くの北欧料理レストランでした。上で、「北欧料理はまずい」なんて書きましたが、まあこちらのお料理はおいしかったです。

サーモンのマリネです。(二食目にして早くも酸っぱい魚被りです)他にもスープや、お肉なども出ました。

時間も遅くなったのでホテルへ。ホテルに着く間際、後ろを振り返ってびっくり。なんとも美しい光景が。

こちらはガムラスタンという町です。「旧市街」という意味です。ランドマークの尖塔がちょうど日が落ち切る直前の赤に染まっていて本当にきれいでした。

 

2日目:ストックホルム市庁舎

さて、二日目の朝は早起きして散歩に出かけました。

こちら、昨夜の景色と同じアングルで撮りました。明け方のガムラスタンもなんとも幻想的です。

そのまま石畳の街を散策。細い路地が複雑に入り組んでいて、絵本やファンタジーの世界のようでした。

宿に戻って朝食を済ませ、今日は、ストックホルムの顔ともいえるストックホルム市庁舎へ。

こちらがあの有名なノーベル賞を授与される会場です。ただのお役所ですが、建物はやはりヨーロッパらしく、とてもきれいです。観光客でもイベントがなければ中を見学できます。

私も中を見ることができました、こちらがノーベル賞受賞式が行われるホールです。

続いて向かったのがノーベル博物館です。歴代受賞者のサインが記入された椅子や、受賞者の紹介などが展示されています。お土産にはノーベル賞型チョコレートがお勧めです。

そして帰路へ。このときH&Mで買い物をしたのですが、H&M、めちゃめちゃありました。日本のユニクロよりもたくさんあります。

夕食をスーパーのデリカッセンで済ませました。なぜかというと、今日はこの後訪れる場所があったからです。アイスバーというところに行きました。文字通り、氷でできたバーです。

写真がわかりづらくてすみません。建物の中に冷蔵庫みたいな空間があり、壁やら椅子やらすべてが氷でできていました。

バーなのでお酒が供されるのですが、なんとグラスも氷。唇が張り付きそうで怖かったです。ちなみにドリンクは、アイスバーの気温でも凍らないような、アルコール度数高めのカクテル。疲れた体に染みました。

 

3日目:王宮

三日目も昨日同様早起きして散策へ。今回は朝のマーケットに行きました。さすがお魚王国スウェーデン。新鮮な魚がたくさん売られていました。

その足で王宮へ。

確かに見事!今まで見てきた王宮と比較しても遜色ありません。なんだか前提的に白が基調となっていて、ベルサイユやシェーンブルン(ウィーン)などに比べて、シックでおしゃれな感じがします。

この日は平日だったのですが、衛兵交代を見るためか、人がすごく多かったです。何を隠そう私もその衛兵交代を目当てに訪れたのですが。

いよいよ始まりました。鼓笛隊の奏でる賑やかなマーチに合わせて、衛兵の方たちが一糸乱れぬ更新を見せてくれました。

私のイメージの衛兵交代はもっと厳かな、シーンとした中で、衛兵がゆっくり入れ替わるものだったので、このような形式は斬新でした。むしろ見ていてとても楽しかったです。

そしてそのまま空港への道に着きました。

 

いかがでしたか?今回は短い滞在でいろいろなことをしたので話にまとまりがなかったですが、これから訪れる皆様に一番おススメしたいことは、なんといってもガムラスタン=「旧市街」です。

ヨーロッパの都会の町並みはどれも往々にしてきれいなのですが、私は個人的にこちらが一番好きです。

狭い路地、石畳、坂道など、どれもとてもきれいで、中世の姿をそのままに残しているという感じでした。こちらは某魔女のお届けもの屋さんの映画の舞台にもなった町だそうです。

「北欧のベニス」と呼ばれる町ストックホルム、是非一度訪れてみてはいかがですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA