フランスパリはスリや押し売りに注意!旅行記ブログ

無事にパリに到着。

空港はとてもアートな感じでした。モノレールに乗って移動した後は地下鉄に乗って移動。

有名な観光場所を巡りました。

ノートルダムの鐘や、シャンゼリゼ通りなど。

そのうちの1つのルーブル美術館前の広場では世界中から訪れたたくさんの観光者がいました。

その中に、エッフェル塔のマグネットなどを売りつけてくる人も紛れ込んで強引に売りつけてきました。

しかし、海外に数ヶ月滞在したことがあり、NOと言えない控えめな日本人ではないため、一度断った後はどんなにしつこくされても無視。あたか何も聞こえない見えないという程、無視をしていると諦めて違う人に行きました。

パリでは有名なマスタード屋さんのマイユ。ルーブル美術館の中にも入っています。しかもこの店舗限定の器があるので、お土産にも最適です。中身がなくなっても、購入した器を持参すれば中身だけ購入できます。

よく海外へ行くと、百貨店やスーパーに行きます。

現地の人が食べているものを見たり、実際に買って食べたらすることが好きです。

さすが食の都パリ。オリーブの種類の多さにびっくりしました。

オリーブだけでなく、パンも美味しいパリ。

朝早くに早起きをして地下鉄に乗り人気のパン屋さんに買いに行きました。

現地の人がたくさんいて選んでいる時からワクワク。購入したら外にあるテーブルで食べられるので早速食べました。サックサクのデニッシュ生地がとてつもなく美味しかったです。

まったりパンを食べながら過ごしていると、学校に登校する現地の子供の姿がちらほら。お父さんが付き添っている割合が多かった気がします。

パリといったら忘れてはいけないのが美味しいカヌレ屋さん!

パリに来たら必ずこのお店に来ます。お店の人はフランスの方で日本語を話せないと思いますがなぜかメニューが日本語でも書かれていました。誰か日本人の方が働いているのでしょうか?

そしてもう1つ忘れてはいけない料理、それはムール貝!お鍋いっぱいの量で提供されます。まさかムール貝を食べて「もう食べられない」という日がくるとは思いませんでした。そのくらい堪能することが出来ます。

私はレオンで食べました。

 

お腹を満たしたら、ショッピング!

最近人気らしい、merciというセレクトショップへ行きました。可愛い雑貨がたくさんありました。買いたいものがたくさんありましたが、難点が1つ。重い。

私は旅行の度に思うことがあります。どの国、どの都市へ行っても可愛いものは重いのです。そして割れ物の場合が多い。飛行機に乗るので、「荷物の重量」からは逃れることが出来ません。可愛いからといって何でもかんでも買っていたら空港で涙を流

すことになります。そのため、グッと我慢をすることが少なくありません。

でも、その我慢も限界があります。

このお店で何も買わないことなんて出来ましょうか?いや出来ません。

それがこちら、アスティエドヴィラット。

とても可愛い可愛い食器が売っています。キャンドルも素敵な香りばかり。店内の雰囲気も可愛い、素敵をぎゅっと濃縮した感じです。でも高い。日本に持ち帰り割れてたら悲しすぎます。でも可愛い。この葛藤でした。

結果、キャンドルなど自粛していたはずな重いものも購入。可愛いに抗えませんでした。

このお店、こちらが心配になるくらい無造作に商品が置かれています。少しよろめいて棚にぶつかりガラガラガッシャンとお皿が割れてしまったら…と考えると恐怖です。小さなお子様連れの方は要注意です。

そしてパリではもう1つ目的が。

それはブランドのヴィンテージショップに行くこと。

日本で、どのお店がいいのかリサーチしてから行きました。目当てのお店に行くと、中は電気がついて人がいるのに扉が開かない。鍵が掛かっていました。

女性のオーナーの方が私の姿を上から下まで見て、鍵を開けてくれました。そして中に入るとまた

鍵を閉めました。

狭い店内にも関わらず、警備員のような男性と女性のオーナーに見られながらという凄い厳戒態勢でドキドキしながら商品を見たら、厳戒態勢が納得の素敵な高価なバッグがたくさんありました。

お礼を言い、店を出るとすぐにまたガチャっと鍵を閉める音が。

なかなか敷居が高いお店でしたが、それでも素敵なお品がたくさんあり目の保養になるので興味がある方は是非行って欲しいです。

 

美味しいケーキや、ジェラートをたくさん食べましたが1番感動したものは意外なものでした。

それはコンビニで購入した生搾りのオレンジジュース。
カップを購入し、自分で機械で絞ります。正真正銘の果汁100%のオレンジジュースです。とてもフレッシュで凄く美味しくて感動しました。

 

夜は定番のエッフェル塔へ。

夜の0時を超えた数分だけ、キラキラ輝くのをご存知ですか?

これが見たくて夜中にエッフェル塔へ行きましたが、あまり治安はよくないのでおすすめはできません。個人的には、基本的に海外で夜中に出歩く事はトラブルに巻き込まれる可能性が高いので控えた方がいいと思います。

滞在日数が少なく、あまり多くの場所には行けなかったのでまた次来る際はゆったり過ごせるよう長期間ステイをしたいと思います。

滞在したホテルの感想

Airbnbを使用し、charonneという地下鉄から徒歩1分のアパートに滞在しました。とても便利な立地で動きやすかったです。また、部屋も綺麗で快適でした。オーナーの方がおすすめの場所を教えてくれたので良かったです。

現地の人について感想

英語を話せる人が少なく感じました。そして、喫煙者がさすが多いなと思いました。男性女性問わず結構スパスパ吸ってます。そして、アジア人に対して好意的でない人もいて、残念な経験もしました。もちろん親切な方もたくさんいました。

現地の料理について感想

ムール貝を食べました。お鍋いっぱいのムール貝が出て来るので迫力があります。しっかりと白ワインとガーリックが効いていて、ムール貝のうまみが溶け込んだスープは絶品でしたが、ムール貝の量が多すぎて最後は苦しかったです。

パリを旅行して気になった事や注意点

街が汚い

パリと聞くと綺麗なイメージがあると思いますが結構道は汚いです。

スリや押し売りに注意

また観光者をターゲットにした押し売りなどがあるので毅然とした態度で断ることが大切だと思います。

また、話しかけられたりしてもそちらに気をとられることなくしっかり自分の荷物を持ってすられないように気をつけたほうが良いです。

アジア人が嫌いな人もいる?

アジア人に対して、嫌悪感を抱いている人もいてお店とかで嫌な態度をとられる可能性がありますが、それは一部の意見であって、パリの人全員の意見ではないので、気にしないことが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA