台北台中観光!宮原眼科がおすすめスポット!旅行記ブログ

朝、台北松山空港に到着し、車で30分ほどで台北市内へ。(近いです)チェックインを済ませた後、初日は台中へ観光に出かけました。新幹線に乗り2時間弱ほどでしょうか。台中に到着。

1日目:台中観光

こちらが対台中駅からの景色です。近代的な駅になんとものどかな風景が広がっています。というか

何もない・・・そこから徒歩で台中の中心地へ向かいます。「宝覚寺」というところにある大きな大仏を見に行きます。

事前に調べた感じでは、駅から徒歩15分ほどだったのですが、かれこれ30分ほど歩いていますが一向につきません。

しかも回りもずっと田舎道です。すごく不安になり、道中おまわりさんがいたので話しかけると、英語が話せる人だったので、事情を話してみました。

すると、なんと現在地から目的地まではあと2キロほどあるそうです。歩くのはしんどかったのでどうしようかと考えていると、おまわりさんがタクシーを呼ぶことを提案してくれました。おまわりさんにお礼を言い、タクシーで10分ほどで目的地へ。こちらが大仏の写真です。

こちら、日本人にもなじみのある臨済宗のお寺だそうです。大きさがわかりにくいかもしれませんが、台座部分だけで3メートルくらいあります。かなりでかいです。鎌倉の大仏くらいあります。

見学を終えたので、台中の市街を歩くため再び駅のほうへ。

こちらは台中の街中の写真です。雑多な感じがアジアの町という風情を醸し出しています。

お寺に周辺地図があったのですが、それによるとやはり1キロ弱、徒歩15分ほど。怪訝に思いながらも徒歩で向かうことにすると、15分後に駅に着きました。

お判りでしょうか。最初の駅とは全く別の駅舎ですが「台中駅」と書いてあるのです!よくよく調べてみたのですが、新幹線の台中駅と、この台中駅は全くの別物で、こちらに来るためには在来線に乗り継がなければいけなかったようです。

新横浜と横浜の違いみたいなものでしょうか。ということで、帰りは在来線に乗り、新幹線台中駅へそこから新幹線で台北に戻りました。皆様も訪れる際はご注意ください。

ちなみに、この台中の訪問は本当にリサーチ不足だったのですが、「宮原眼科」という名前のおしゃれなスイーツカフェがあり、それが一番の見どころだったみたいですね。

かつて日本統治時代眼科として使われていた建物をカフェに改装したそうです。映画のセットみたいでかわいくておしゃれです。(行きたかった!)

2日目:台北市内観光

二日目はあらかじめ申し込んでいた台北市内観光ツアーに参加しました。一か所目は中正記念堂です。蒋介石の記念堂です。「中正」とは蒋介石の本名だそうです。こちらはその門の写真です。

建物内には大きな総会席の銅像もありました

また、こちらでは衛兵の交代式も行われており、ツアーはその交代式の時間に合わせて組まれていたので、見学することができました。

二人の衛兵が、交代の二人と入れ替わるだけなのですが、ロボットのような動きで寸分の狂いもなく行進する様子は興味深かったです。

お昼ご飯はツアーにオプションでついていた鼎泰豊のランチでした。ツアー申込時にたしか1000円ほど追加したのですが、小籠包以外にもチャーハンや春巻き、前菜やスープなど、きちんとしたコース料理でした。日本で食べるよりずいぶん安いと思われます。

午後は故宮博物院です。

北京にも同名の博物館がありますが、それと同じです。というのも、太平洋戦争後再度勃発した内乱に敗れた蒋介石率いる国民党の人たちが、台湾へ逃れる際、北京の博物館から持ち出したものだからです。中には時期や陶器、掛け軸などが飾られています。

私はアジアの美術品には全く疎いので展示品の良さはわかりませんでしたが、建物自体が宮殿のようになっているので、見学するだけでも面白かったです。

夜は台湾名物「夜市」を訪れました。お祭りでもなんでもないのですが、ものすごく広い面積に屋台がひしめき合っているといった感じです。

その時は台北に住んでいる友達に案内してもらったので、おすすめの店に連れて行ってもらったのですが、現地のナビゲーターなしでは、あまりにお店が広いのでどこに行ってよいか全くわからないと思います。ですので下調べしておくことをお勧めします。

 

3日目:帰国

飛行機は夕方なので午前中にまだ訪れていない観光名所に行ってみました。朝早起きして向かったのは淡水河という川です。

海のように見えますが、とても広い川です。日本のどの川よりも広いのではないでしょうか。中心地から地下鉄で離れなければならない場所なので観光客は少なかったですが、川岸がきれいに舗装されていて、散策がとても気持ちよかったです。

次は台北のランドマークタワー「台北101」を訪れました。こちらがタワーの展望台から眺めた景色です。

調べたところ高さ509メートルだそうです。スカイツリーほどではないですが、日本にある大概のビルより高いのではないでしょうか。

その後地上に降りてお昼を食べるために歩いていると、新宿にあるあのオブジェが!

こちらも調べてみましたが、アメリカのアーティストの作品で、ほかにも世界の大きな町にはあるそうです。日本と台湾の友好の印とかかと思いましたが違いました。(台湾は親日と言われているので)

※写真は一部加工しております。

 

その後昼ご飯を食べ、帰国の途に就きました。

 

いかがでしたか?実は今回の旅は急遽決まったことだったので、リサーチが足らず、宮原眼科や九份などに行きそびれてしまったのが残念です。

しかし、それでも大いに楽しむことができました。

それは、何より町の人たちが新設で日本語が堪能な人たちばかりだったからです。これほど緊張することのない海外旅行は初めてでした。

日本との距離も近いので、初めての海外旅行を検討している方はぜひ訪れてみてはいかがですか?

宿泊したホテルについて

VIP Hotel 上賓大飯店

地下鉄中山國小駅(中山小学校という意味だそうです)から徒歩5分ほどの距離に立地しています。この駅自体が台北中心部電車で10分くらいなので、近いので、便利です。ホテルは普通のビジネスホテルでしたが、清掃が行き届いていて、清潔でした。簡単なおかゆの朝ごはんがつきました。

現地の人について思った事感想

驚くほど日本語が通じます。年配の方や、客層倍の方はほぼ確実に日本語が使えます。ハワイより使えます。これほど日本語が通じるのは台北と韓国(行ったことないけど)くらいではないでしょうか。

英語が全く分からなくても大丈夫だと思います。若い人は日本語がわからない人もいますが、英語は堪能です。

現地の料理について

中華料理三昧でした。基本、日本で出てくるものと変わりないですが、台湾といえば、小籠包が一番有名です。たくさんのお店がありますが、私は日本にもある「鼎泰豊」というお店に行きました。せっかくなので屋台のお店などにもチャレンジしてみるとよいかもしれません。

旅行をしていて気になった事や注意点

地下鉄が非常に発達しているので、台北市内の移動手段は問題ないと思います。

また、台中など、地方に移動する際は、新幹線のような高速鉄道がありますのでそちらをお勧めします。非常に快適で速いです。

治安は良い

治安は問題ありませんでした。日本人なので客引きは多かったですが、スリなど、よくわからない人に絡まれることはありませんでした。

食べ物は衛生面に注意

食べ物ですが、台北名物「夜市」に行く際は、衛生面にご注意ください。客の回転が速いところは清潔な食器、新鮮な食材を使用していますが、そうでないところは要注意です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA